07/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

キズ取り研磨 


届いたメーターの表面が、めっさ曇ってました。
中古なんで、動作確認が取れてるのだけを条件に選んだので、
多少は覚悟してましたが・・・

いくら拭いても取れないので、研磨剤で磨くことにします。

20170412_192308931.jpg

さすがヤフオククオリティ(笑)
これを見ると、テンション下がります・・・(^^;

デフィのメーターは表面プラスチックなので、
曇りやすいようですね。歯磨き粉で磨くこと10分・・・

20170415_003732193aaa.jpg

トゥルントゥルンになりました!!

PAGE TOP

自作メーターホルダー 


メーターが届いたものの、ホルダーが無いので、
取り付けできませんでした。
今日はΦ60の、ホルダーを作ろうと思います。

昔からブースト計以外はφ52で揃えてたので、
Φ52は何個かあるんですけど、当然使えませんしね(^^;

MHからMFになって、ブースト計をピラーに移植したので、
Φ60のホルダーを初めて作りました。
今回、2個目のΦ60なので、作らないとφ60はありません。

過去からホルダーを何個作ったことか(笑)
簡単なんで、今回は作り方(手順)をご紹介します(^^)

【型取り】
20170415_191405229.jpg

2mm厚のアルミ板(端切れ)があったので、
そこから切り出して作ります。

今回はΦ52のホルダーがあったので、
それをベースに、緻密な型を設計していきます。
>あんまり緻密に見えませんが(笑)

【切り出し】
20170415_092444867.jpg

電ノコとドリルで切り出し。
メーター現物に合わせながら、切り出していきます。
ちょっとピンボケになりました(^^;

あとはヤスリで軽く面取りして、
次の塗装の為に、#180のペーパーを掛けて足付け。

【塗装】
20170415_095724979.jpg

つや消し黒で塗装。

表裏で4~5回づつ重ね塗りして、ホルダー完成です。
乾燥するまで休憩してたら、1時間ほど寝てしまいました(笑)

【取り付け】
20170415_104641709.jpg

穴位置はφ52と同じなので、問題なく取り付けできました。

Φ52の時メーター自体が、振動で震えてる時があったので、
取り付け部の根元を、2mm太く作ってあります。

それと、ブースト計に被らないように、
若干オフセットさせてるのがポイントです(^^)v

買ってもそんなに高くない部品ですが
細かい部分に拘ると、条件に合うものは売ってませんからね。
どこか妥協しないといけません。

自分の好みに合わせて作れるのは、
DIYならではの特権!・・・ですね(^^;

PAGE TOP

水温計動作確認 


会社から帰ると、メーターが届いてました!
取り付けは土曜にするとして、
まずは動作確認をしておきます(笑)

一応、動作確認済み品を買ったので、大丈夫だとは思いますが・・・
オクの品は暗黙の了解で 「3N」 がお約束です。
なので、早い内に確認しておかないといけません(^^;
>3N=ノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセル

20170412_202558435.jpg

丁度嫁が、「買い物に行きたい!」・・・と、言うので、
連れて行ってやり、駐車場で動作確認。
配線はすでに引いてあるので、繋ぐだけです(笑)

ちゃんと動きました!サーモスタットが開いて、82度ぐらいです。
まー、そんなモンか(^^;

やっぱΦ60、デカいです。見やすいですが、
今までΦ52でしたので、ちょっと違和感がありますねー

20170412_192308931.jpg

表面を見るとかなり曇っています。
プラスチックなので、また歯磨き粉でボチボチ磨きます(笑)

他にライバルがいなかったのは、このせいなのか?
でも、私は気付きませんでしたけど(^^;

あとは、Φ60のホルダーが無いので作って、
土曜に取り付けるだけです(笑)

ここまで緑になったら、ブースト計も緑にしたくなってきた!!
ブースト計、日本精機なんですけど赤なんですよねー(^^;

PAGE TOP

デフィ水温計落札!! 


水温計が無くなってかなり経ちますが、
ずっと探してはいるんです(^^)

初期モデルのブラックパネルで、
イルミがグリーンのを狙ってるのですが、古すぎて(笑)
中々出ておらず、出てても¥5000円以上で落札されています。

昔に¥3000円ぐらいで落ちてたこともあり、
¥3000円上限で頑張ってたのですが、落ちるハズもなく・・・
入札するものの常に上をいかれ、負けてばかりでした(笑)

半ば諦めていた矢先に・・・
ヤフオクを徘徊してたら、デフィの水温計を発見!!

arsddfjkjgkjg.jpg

開始価格が¥5000円、まだ入札無し、あと 1日、
そういえば、あみやんさんに返さないといけないレカロ代が、
¥5000円ほど貯まってるよなぁ・・・

今後、¥3000円で落ちることは無さそうだし、
上限¥5000円まで上げて、買わないとダメだろな・・・

なら、運試しに入札してみようかな?5000円以上いかれたら諦めよう・・・
今までの傾向から、¥5000円で落ちることはまずないだろうしね。

でも、あみやんさんにも早く金を返さないといけないし、
このまま忘れてくれれば一番いいんだけど(笑)
あみやんさんとは、しょっちゅう会うので思いだすんだろうなぁ・・・

でも、あみやんさんには悪いが、落ちればラッキー!!だし(笑)
アークさんも衝動買いしてるし、負けてられません!!(笑)

・・・と、思いながら(この間約10秒)¥5000円入札すると・・・

akihina_isf-img600x402-1490621239fv74zv30768[1]

・・・そのまま、落札!!(^^;

・・・上限を上げたので、嬉しいのか悲しいのか?
ちょっと微妙ですが、希望のメーターを落札することができました。

かなり古いメーターなのですが、値落ちしませんねー
Φ52と思ってたのですが、φ60のようです。
サイズに関しては、どっちでも気にしませんが(^^;

とりあえず・・・あみやんさんごめんなさい!!(^人^)

PAGE TOP

排気温度計、イルミカラー変更 


排気温度計は、昔、LED化した時に、白LEDを使ったので、
エメラルドグリーンになってました(^^;

他のメーター(油温、油圧)は、暖色LEDを使ってるので、
色目が違います。なのでこれも交換することにします。

20161211_133223499.jpg

もう慣れたモンで、サクっと交換終了(笑)

20161211_173930269.jpg

色目が揃いました~!!
やっぱり大森のメーターは、緑に限りますよね(^^)v

PAGE TOP

水温計センサー取付 


水温計のセンサーを取り付けました。

水温計本体が壊れてるので、すぐには動かせないんですが、
何れは付けるつもりなので、今の内に取り付けておきました(笑)

P1490246.jpg

今回はセンサー部分を下に向けて取り付けました。

作業性は悪くなるのですが、エアーが溜まるので、
本来はセンサー部を、下向きに付けるのが基本です。

エンジンの温度が上がるまで確認しましたが、漏れはないようです。
あとは、ちょくちょく確認して、漏れてなければ良しとしましょう(笑)

CA3G0361_20160503172534b54.jpg

現在油温が100℃越えなので、水温がどれぐらいなのか?
早く見てみたいですね~

PAGE TOP

ブースト計移動!! 


先日、ブースト計をピラーに移動しました。

室内を見渡したら、メーターが多いので物々しいのですが、
顔に近過ぎて、普段は存在を忘れるぐらい(笑)
すごく、存在がさり気ないです。

助手席側からエンジンルームにセンサー線を通してたのですが、
今回は運転席側のボンネットオープナーのワイヤーのとこから、
エンジンルームへアクセスしたので、ギリ線が届きました(笑)

CA3G0233_20160314222744c49.jpg

・・・奥の水温計は壊れてるので、まだ動いてません(笑)
買い換えないといけないのですが・・・う~ん(^^;

可能であれば、デフィの 1.2 ㎏/㎝2 スケールのブースト計と、
水温計でピラー部分は揃えたい、イルミはグリーンかホワイトがいいですね~
しかし、先立つ物が・・・いつもここで計画倒れ(^^;

PAGE TOP

油温・油圧計、やっと動いた。 


そろそろ油温・油圧計を動かさないと・・・(^^;

例のごとく、そのままフィルターだけを外し、
サンドイッチブロックを挟み、センサーの取り付け。

オイルを抜いてそのうえで作業したので、
切粉やごみが入ってる可能性も考え、
抜いたオイルをエンジンに戻しはしませんでした。

オイルが500ccぐらい減りましたが、
まだアッパーラインぐらいあったので、問題無し(笑)

CA3G00260002.jpg

前はエンジンの左側を通したので、
センサーの取り付け位置は、前に向いてました。

今回は配線が、バッテリー裏からエンジンの右側を通したので、
フロントパイプの裏を通してます。


CA3G0029_2016031318192470e.jpg

やっと動くようになりました~(^^)


PAGE TOP

大森時計、完成しました~(^^) 


大森時計に問題が出て製作が止まっていました。

前面ガラスの部分に、時間調整用のツマミが出ているのですが、
ガラスに穴を開けることが出来ず、製作途中で止まっていたのです。

アクリル板などの、加工し易い板を探していたのですが、
中々見つからず探しに探して、先日やっと発見しました(笑)

P1480514.jpg

何かは分かりませんが、2.5mm厚のアクリル板がありました。
元々のガラスが2mmだったので、丁度良い感じです。

これを切り出してツマミ用の穴を開け、
前面パネルとして使用します。

しかも、AR蒸着が施されており、透過率がムッチャいい(^^)
目測で丸くカットしたので周辺はイビツですけど・・・
まぁ、ゴムで隠れる部分なので、問題ないでしょう(笑)

P1480517.jpg

ツマミ用の穴はバリが出たので、実は何枚か作り直しました。
4枚分取れる材料でしたので、助かりました~(^^;

1枚目は、最初から保護シートを貼って作業をしましたが、
面が汚れてアセトンで拭いたら表面が爛れてしまいました・・・

2枚目は穴部分にバリが出て失敗・・・

3枚目は、端材で上下を挟みバリが出ないようにして、
ようやく完成しました(^^;

CA3G0197.jpg

いい感じで完成しましたー(^^)v
99℃の位置が、丁度12時になっています(笑)

居ても立ってもいられず(笑)平日の夜に、
イルミ配線と常時線の取り付け作業。
いくら家の前とは言え、いつか通報されそうです(笑)

CA3G0198_20160217225959373.jpg

これで、メーター関係は 8割方完成で~す(^^)v

あとは、次回オイル交換時に、
油温、油圧のエンジン側のセンサーを繋ぐだけです。

PAGE TOP

サンドイッチブロック、パッキン交換 


ワゴンR から取り外したサンドイッチブロックですが、
パッキン(φ60×3t) が、潰れてペチャンコになっていました。

ワゴンR の時にオイルフィルター辺りから滲みがあり、
何度締めても漏れてきました。原因はこれだったのでしょう(^^;

・・・で、いろいろとパッキンを探していたのですが、
ホムセンで φ60 はありましたが、ゴム径が 5t と太く合いません。

ネットで探せばあるでしょうけど、
買うにしても、間違いなく送料の方が高いだろうし、
なんか損した気分になりますよね~

何か代用できるものが無いか探していましたが、
中々見つからず、2週間経った今・・・

・・・オイルフィルターなら、
    同じぐらいの大きさでは?


・・・と、気付きました(笑)

CA3G0170_20160207012755d4b.jpg

手持のスズキ用のフィルターは小さかったので、
アストロで一番大きなフィルターを購入してみました(笑)
>アルテッツァ用のファイルターでした。

すると・・・若干大きいですが、
ちゃんと溝にハマり、使える大きさです。

パッキンをどうしようか、2週間ほど悩んでたのですが、
簡単に解決しました(^^)
・・・いやぁ、良かった良かった(^^)v

PAGE TOP

大森時計、LED変更 


メーターのLEDですが、油圧計に電球色のLEDを使ったので、
大森時計も必然的に、電球色LEDに交換することになりました。

P1480452.jpg

もう慣れたモンでサクっと交換できましたが、
中に機械部品があり、写真では均一に見えますが、
一様に光が回らず、均一に光らせることができませんでした。

だいぶマシになったのですが、これで限界かな・・・
あとは針を光らせたいけど、部品も小さくかなり難しいですね・・・(^^;

PAGE TOP

ブースト計、取り付け 


昨晩ブログを書いてから、ブックオフに行ったのですが、
閉店間際の駐車場で、作業をしてしまいました(笑)
店員が何度か前を通りましたが、怪しいと思われたんでしょうか?

しかし、早く付けたかったので(笑)
人目を気にせず、位置決めして取り付け完成しました(笑)

・・・あとは、配線だけです(^^)

CA3G0176_20160207223210358.jpg

そして今日、グロメットに配線を通す為に、
面倒ですがバッテリーを外しました。
作業性を考えればやっておいたほうが得策、急がば回れ・・・です(^^;

ブースト計は電子式でコネクターだけなので、
なんとか通りましたが、後に付ける、
油温計のセンサーは機械式なんで、通りそうにありません。

・・・どうしよう(^^;
ま、いいか、その時考えよう(笑)

P1480473.jpg

そして、室内まで線を通し配線をしてたところ、
右のAピラーまで線が短く、届かないことが判明。
あうう・・・どうしよう(^^;

とりあえず、動作確認のためにダッシュの上に
白メーターを置いて、ちゃんと動くか確認してみました。

ちなみに、黒メーターはピラーに付いたままです。
うーん、どうにかしないと・・・(^^;

CA3G0179_20160207223212ea6.jpg

走ってみると、ブーストは 0.55kg/cm2 。
ブローオフの音の大きさから考えると、前のMターボ(0.8kg/cm2)
より小さいので、そんなモンかな~?って感じ。

でも、ヒロさんのワゴンR(MC21:H10年式)RRで、
0.8kg/cm2 らしい・・・同じエンジンなので、
それぐらいブーストが掛からないとおかしいんですけど?

圧漏れしてるのか?まだまだ潜在能力を秘めてるのか?(笑)
・・・一体どう言うことなんだろう???
でも前のMターボよりは、今でも確実に速いんですけどね(^^;

※アークさん情報によると、MRワゴンSターボのノーマルブースト圧は、
0.5kg/cm ・・・ぐらいらしいです。
0.05しか上がってませんが、潜在能力を秘めてたってことですね!!(笑)


PAGE TOP

φ60メーターホルダー作成 


ブースト計も、ワゴンRで使ってたものを外してあります。
日本精機(現デフィ)のメーターを使うのですが、
今回はピラーメータにしたいので、ホルダーを探していました。

しかし、気に入ったものが無く、結局・・・

・・・自作することに(^^;

P1480453.jpg

ボール紙でφ60の円を作り、アルミ板に展開図を描きます。

P1480456.jpg

後はそれに沿って切り出します。

P1480462.jpg

バリ取って形状を整え、色を塗ったら完成。
簡単に書いてますが、製作に半日掛かっています(笑)

夜も遅いので、今日はここまで・・・

PAGE TOP

大森メーター、LED化 ~リベンジ編~ 


先日の緑LEDは綺麗だったのですが、
針まで緑になって、ちょっとイメージが違いました(^^;

そこで、家の中に転がってた、
電球色LED(φ3)を使ってみることにしました。

CA3G0165.jpg

取り付けは簡単ですが、部分によってムラになるので、
均一に光るように、LEDの向きに注意して位置決め。

あとは金属部分に、LEDの足が接触しないよう、
取り回しに注意しました。

CA3G0164_20160204203741611.jpg

点灯テストをすると・・・
やっぱり、こっちの方がしっくり来ますね(^^;

つーか、それなら元のままの電球でいいじゃん!
・・・って、話になるんですが(笑)

PAGE TOP

大森メーター(油圧計)、LED化 


先日外した大森メーターの油圧・油温計ですが、
昔、LED化した時に白LEDを使ったので、
夜間照明が、エメラルドグリーンになっていました。

いつか変えようと思いつつ・・・
ワゴンRが動かなくなるまで、そのままでした(笑)

P1180569.jpg

・・・で、今回部品移植でメーターを外したので、
ついでにLEDを交換することにしました。

大森時計に緑LEDを使ったので、
これも緑LEDにして色目を合わせることにします。

CA3G0157.jpg

分解してサクサクとLEDを交換(^^)
やりだすと早いんですが、
やるまでが時間掛かるんですよね~(笑)

CA3G0158_20160204195356192.jpg

綺麗な緑になりましたが、針まで緑に・・・(^^;
う~ん、これはダメですね~

大森時計は針が光らないので、違和感無かったのですが、
これは違和感ありありで、ちょっといただけませんね~

やっぱ大森のメーターは、電球色にしないとダメです。
日本橋へ買いに行かなきゃ!!(笑)

PAGE TOP

大森時計、ほぼ完成 


先日作った 「メーター風アナログ時計」 ですが・・・
やはり出来に納得がいかず・・・

↓ こんなのに(笑)
  なっちゃいました(^^;


CA3G01520001.jpg

大森の電子式水温計とラパン純正時計の融合(笑)
ニコイチとも言うwww

油温、油圧、もLEDを打ち替える予定なので、
横に並べて色目を合わせる為に、
この時計も LED化しておきました。

時間が見難いけど、まぁいいか(^^;
世界に一つの 「大森時計」 ですからね~(笑)

あとは前面パネルを作らないといけません。
ガラスに穴は開けれませんからねー

CA3G0153.jpg

暗くするとこんな感じです(^^)
針が見えませんが(笑)、いい感じですねー

PAGE TOP

油温計、油圧計、取り外し 


油温計、油圧計を外しました。
機械式だから、めっさ面倒でした・・・(^^;

P1480325.jpg

オイル抜くのは面倒だったので、オイルフィルター部分だけ外し、
サンドイッチブロックを外すことに・・・(笑)

ほとんどのオイルはオイルパンに溜まってるので、
500ccぐらいのオイルが抜けただけで済みました。

オイルフィルターと抜いたオイルは、
ナイショですが(笑)またMHに戻しておきました(^^;

P1480329.jpg

機械式はセンサー一体式なので、取り回しが面倒です。
よく取り付けしたな~こんなの、今思えば結構大変ですねー(笑)

P1480344.jpg

外し作業終了。
これでいつでも取り付けできます(^^)v

PAGE TOP

3つ目のメーターは・・・ 


実はMRワゴンって・・・

・・・時計がないんです(^^;

なので、時計にします(^^;

HDDナビにも時計は付いてますが、
申し訳程度についてるので、全く見えません!!
最初、時計があるのを知らなかったぐらいなんです(笑)

あとはレーダーにも付いてはいますが、
警告時には表示が変わり、時計が見えません!!
間が悪く、見ようとした時にいつも表示が変わっています(笑)

現在は、百均の時計を置いてますが、
イルミは点かないし、当然ですが電源は電池です。

なので、時計を導入する事にしました(^^)

P1480283.jpg

ドナーは解体屋で見つけてきた、ラパン(HE21S)の純正時計(笑)

P1480288.jpg

裏はこんな感じ・・・

P1480295.jpg

とりあえず分解(^^;
最終的に、ギボシで取り付ける予定。
コネクタは邪魔なので切り取りました(笑)

線は3本で、調べたら、黒白・・・アース、白・・・常時電源、赤緑・・・イルミ、
・・・になってました。

これをしまったジャンクコレクション、大森水温計φ52の
メーターと融合させて、ニコイチ時計を作成すると・・・


CA3G01320001.jpg

・・・こんな感じで完成(笑)
ちょっと微妙です。やっぱ黒が良かったかな~(^^?

あとは油温計・油圧計を、ワゴンR から取り外して、
MRワゴン に、取り付けるだけです(^^)

PAGE TOP

メーターフード到着!! 


いよいよ届きました、オートゲージのメーターフード。
バリバリの新品で、めっさ綺麗です!(^^)

新品で買えば¥3~4000円?
こういう部品って、量産品なのに意外と高いです。

CA3G0126.jpg

ダッシュボード上に置いてみた所、
隙間はできますが、丁度配線を通せるので良いかな?・・・と(笑)

周辺に飾りを置けば、隙間は隠せますし、
固定はネジを使わずに、両面テープでいいでしょう(^^;

CA3G0128_20160113214244653.jpg

ブースト計・水温計は運転席側に置きたいので、
ここには、油温計・油圧計、が付くことになります(^^;

あと 1個は・・・どうしましょう?(笑)

PAGE TOP