09/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

AP 吸塵式エアダブルアクションサンダー購入 


アストロプロダクツで、2/19~3/6まで期間限定で
通常価格¥5800円が、¥3900円の特価になっていました(^^)
なんと、33%引きです!!

2004000009276.jpg

AP 吸塵式エアダブルアクションサンダー

■商品仕様:
・本体サイズ:L160×D125×H120mm(パッド装着、エアプラグ未装着時)
・重量:1Kg(パッド装着、エアプラグ未装着時)
・無負荷回転数:10000rpm
・使用空気圧:0.62Mpa
・空気消費量:85L/min
・パッド径:φ125mm
・スピンドルサイズ:5/16-24
・オービットダイヤ:5mm
・タイプ:吸塵式
・インレットサイズ:1/4PT
・推薦ホースサイズ:内径φ8mm以上
・6か月保証対象商品
《付属品》
・1/4PTエアプラグ×1
・レンチ×1
・φ125mmパッド×1
・吸塵ホース×1
・吸塵袋×1

2004000009276-01.jpg

今後、リヤスポの塗装の際に、塗装剥がしとポリッシャー加工をするので、
安くなってる今、買っておいて損はないかな~(^^;

・・・と、思って買ってしまいました。
珍しく大きな買い物です。当分は極貧生活が続きそうです(笑)

リヤスポ平らだし面積大きいし、
チマチマと手で磨くのは、さすがに大変ですからね・・・(^^;

PAGE TOP

インフレーター落札!!(^^; 


コンプレッサーも動き出し、エアツールが欲しくなってきたので(笑)
最近夜はいつも、ヤフオクを徘徊しています(^^;

エアツールと言えば、やっぱりエアーインパクト。
アークさんやあみやんさんが、電動ですが、
持ってるのを見て、実は少し羨ましかったのです(笑)

・・・と、昨日と同じくだりではじまりました(笑)
今日も、エアーインパクトに狙いを定めて徘徊してたのですが、
なぜか・・・

インフレーター落札!!(^^;

・・・これはこれで欲しかったのですが、
例のごとく、衝動買いしてしまいました~(笑)

cgdcsacfaegfiwfge.jpg

※インフレーター=空気入れです(^^)

中古ですが、なんと¥120円で落札(笑)
>送料¥500円です。
新品が¥1~2000円ぐらいで売ってるので、安くは買えたかな(^^)

水温計センサーよりは、エアーインパクトに近づいてきました(笑)
次こそはインパクトが買えるかな~(^^)

いやあかん・・・散財し過ぎてインパクト買う余裕が無くなってもーた(^^;
また、ヤフオクの罠にハマってしまったようだ・・・

自転車用(英式)、車用(米式)のエアチャックは持っていたのですが、
車用のが入れにくくて、本格的なインフレーターが欲しかったのです。
これで、自転車と車にいつでも空気が入れられます(^^;

PAGE TOP

コンプレッサー小屋(試作品)製作 ~後編~  


中途半端で終わっていたので、
今日は、コンプレッサー小屋を仕上げました。

P1470193.jpg

これでやっと使える状態になったかな?

改良点です・・・

P1470177.jpg

電源とコンセントの追加。
ON-OFF のスイッチが無いので、ブレーカーを取り付け。

P1470196.jpg

二次圧・三次圧調整のレギュレーター(オートドレン付き)導入。
上の圧力調整ダイヤルが壊れてました(笑)修理に時間が掛かった(^^;

P1470180.jpg

横向いてたメーターを正面に向けました。

P1470191.jpg

通常本体後ろ側にあるドレンコックを、前に持ってきて、
簡単に水抜きが出来るようにしました。

今回の製作で、もうちょっと改良したい(あるいは失敗?)と思うところは・・・

・ホース収納のスペース(高さ)が狭く、蓋が浮いてしまう。
  上手く収めればしまるのですが、プラダンなので浮いてることが多い。
・9mm厚なので、華奢に感じる。
  最初から分かってたことですが、次は12mmで作ります。
・ネジくぎが長く飛び出してるところが多い。
  引っ掛けると危ないので、短い物(9mm以下)に交換したい。
・工具や延長コードなどの、収納スペースも欲しかった。
  単に小屋を横に伸ばせばOK。しかし、ラワン材が2枚以上必要になる。
・使用用途が自転車・自動車の空気入れ程度
  それだけの為に作ったのかと思うと、なんかやり過ぎ感が・・・(笑)


・・・次回製作時に改良します。

PAGE TOP

コンプレッサー小屋(試作品)製作 ~中編~ 


今日は一日晴天で、熱中症になりそうな一日でした(^^;
そんな中、ほぼ完成の状態まで製作。

愛用の麦藁帽子を被ってたので、熱中症にはなりませんでしたが、
タンクトップだったので日焼けして肩が痛い・・・

今日一日で、水を何リットル飲んだか分かりません(笑)
ひょっとしたら、1ガロン(約3.8L)ぐらい飲んでるかも知れませんね。

P1470083.jpg

途中何度もプラン変更して、最終的にこの形状に落ち着きました。
最初の計画よりもちょっと違いますが(笑)
雨風が凌げればいいので、こんなモンでいいでしょう。

P1470087.jpg

外側は一応完成です。
蓋は小遣いが尽きたので(笑)ダンプレート(¥198円)にしました。
本当は木で作りたかったのですが・・・いつか作り直します。

周辺には百均のスプレーニス(3本)を塗って、耐久性向上を目指し、
蝶番で蓋を開閉できるようにしました。

P1470085.jpg

当初の目的通り、雨風は凌げるので目的は達成できましたが、
コンプレッサー本体を小屋の中に入れ込んでしまったので、
メンテ性が悪くなりました。メンテ時は毎回本体を出さないといけません。

ドレンの水抜きとオイル補充、一次圧メーターの向き・・・
まだまだ改善の余地が有りそうです(^^;

P1470089.jpg

レギュレーターの二次圧と電源は上の部分に出すので、
扱いやすくしました。次は盆休みに作業。
盆休み中に完成できるかな~?あ、小遣い使い果たしたんだっけ(^^)

PAGE TOP

コンプレッサー小屋(試作品)製作 ~前編~ 


先日から使い出したコンプレッサーですが、
ウチは日当たりがいいので、晴れてりゃ紫外線で確実にボロボロに・・・
雨にも打たれるので、雨ざらしで先に壊れるかな・・・

・・・と、言うわけで(笑)ちょっとした小屋を作ることにしました(^^)
直射日光と雨風さえ凌げれば良いので、大層な物は作りませんけどね。

P1470079.jpg

めっちゃフリーハンドですが、とりあえず綿密な(笑)設計図を描いてみる。
>どこが綿密やねん・・・(^^;

コー○ンで売ってるJIS規格の板材は、一般的に 1820mm×910mm のサイズ。
厚みは 12mm と 9mm があったのですが、
加工し易さと、とりあえずの製作と言う事を考えて、厚みは 9mm をチョイス。

P1470069.jpg

アヤよりも大きなコンパネ(ラワン合板)を購入(^^)
今回は設計図もあるので、加工工房で切ってもらう事にしました。
しかし・・・

「・・・斜めは切れません!!」

な・なんだとおぅ~~(><)
仕方ない、その部分はノコギリで自分で切るか・・・

で、作業を進めて貰っていると・・・

「・・・寸法を間違えました m(_ _)m」

ナンじゃ、そらぁ~(^^; 兄ちゃんそれでもプロかいな?
機械貸してくれたら私が自分でやるのですが(笑)そうもいかないので。
腹立たしいところですね。

兄ちゃんはコー○ンとは別の人間らしいので、自腹で木材を買ってきて
もう一回切り直します・・・と、言ってましたが、
上と底の部分の横長さが 1mmほどズレただけなので、寛大な私は・・・

「設計を変更してこのまま使うので、
   わざわざ、買い直さなくてもいいよ。
でもその代わりに、斜めカットにチャレンジしてくれる?」


・・・と、悪魔の囁きで交渉成立(笑)
できないと言ってた、斜めのカットに挑戦してくれることになりました(笑)

P1470073.jpg

斜めカットに悪戦苦闘の図(笑)
いやぁ、言ってみるモンですねー、自分で切る手間が省けました(笑)
つか、やれば出来るじゃん!!

P1470075.jpg

大体思い通りに切れました。とりあえず暑いので今日はココまで(^^;
明日はニス塗って組み立てます。

PAGE TOP

エアーコンプレッサー導入!! 


アークさんがコンプレッサーを買い替えたそうで、
>衝動買いらしいが・・・(^^;
前に使ってたコンプレッサーが、私の元へやってきた(^^)

image0024.jpg

これで作業の幅が広がりますが、でも実際使うことと言えば・・・

・エアツールの導入(インパクトレンチ他)
・タイヤのエアー注入
・洗車後の水飛ばし
・エアブラシ塗装

・・・ぐらい(^^?

エアツールは、エアーインパクト、ラチェット、ベルトサンダー、エアソー、
ドリル、ハンマー、果てはジャッキアップまで、エアーでできます(笑)

しかし、ツールを揃える程予算は無いし、使うのはインパクトぐらいかな・・・
それに、揃えてしまったら、今ある工具を使わなくなるので勿体ないしね(^^;

意外と活躍の場は少ないかも(笑)

PAGE TOP