04/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

オスも✩に・・・ 


とうとうオスも・・・✩になりました。
メスが死んでから動きが遅くなり、後を追うようにして✩に・・・

大柄な個体ではありませんが、初めての外産カブトと言うことで、
標本にする為、展足しました。
ハルが 「部屋に飾る!」 と言ってますが、アヤは嫌がってます(笑)

P1380898.jpg

符節は切れてましたが、ケース内から発見できたので、
固着後アロンアルファで接着します(^^;

イベントから2週間ほどの命でした。ワイルド物は寿命が掴めませんね~
せめて累代したかったのですが・・・

これ以上増やしても大変だし、残念ですが納得しておきます(^^;

PAGE TOP

メスが ☆ に・・・ 


本日会社から帰ってみると・・・

メスが ☆ に・・・(T_T)

暑さのせいで気絶しているのか?と思い、
暫く(2~3時間)放置してみましたが、動く様子は無いので、
マジで ☆ になったようです。やはり原因は暑さでしょうか・・・

P1380876.jpg

最近の関西の日中は、殺人的な暑さでしたからね・・・
熱中症で死んでしまう人もいるぐらいですので、
体の小さなカブトが死んでも不思議ではありません。

結局ペアリングすら出来ず、アトラスは終わってしまいました。

成虫の寿命は3~7ヶ月ですので、
あとはオスがどれだけ長生きしてくれるか・・・(^^;

今後も昆虫飼育を続けるのなら、
冷房と暖房を本気で考えないといけませんね・・・

PAGE TOP

ハンドペアリング・・・失敗(^^; 


今日はハンドペアリングに挑戦。

ハンドペアリングとは、オス・メスを一緒に飼っていると、
ずっと見てる訳にもいかず、交尾したのかどうか分からないので、
メスを産卵セットに別けるタイミングが掴めません。

・・・なので普段は別居させて、目前で交尾させることを
ハンドペアリングと言います。人間で言うと、生板ショーってヤツですね。
>知らない人はググってね(笑)

P1380822.jpg

やり方は特に難しいものではなく、
メスの上にオスを乗っけたやれば、勝手に交尾します。
さすが虫、本能だけで動いていますね~(^^;

クワガタと違って、メスを挟んで殺してしまうことがないので、
いつでも安心してハンドペアリングできます(^^)

オスをメスの上に乗せると、オスはメスを触角で確認して
交尾の体勢に入ります。

P1380826.jpg

オスは交接器を出して交尾する気マンマン(笑)ですが、
メスが拒否してる様子。結局、交尾は成功しませんでした・・・(^^;

う~ん、メスがまだ早熟なのか?気分が乗らないのか?
好みのオスではないのか?(笑)

人が近くに居るので怯えてる・・・のかも?知れません、
少し離れ、遠めで確認してましたが、交尾が成功した様子は無く、
暫く放置してたら、メスがオスの下から脱出してました(^^;

今回は断念して、もう数日隔離してから再チャレンジしてみます。


PAGE TOP

現在の飼育状況(^^; 


現在は、オス・メス別に飼育して、体力を養っています。
今週末辺りに、ハンドペアリングをしようと思います。

盆休み前から最近まで、近畿は雨が降らず危機的な暑さで、
クワガタの幼虫も何匹か昇天してるようです。アトラスもちと心配・・・
近い内にマット交換しないと・・・

P1380874.jpg

暑いのでゼリーが2日でグチャグチャになります・・・
溶けてくるわ、醗酵するわ、食い散らかすわで、エライことに(^^;

カブト系は、餌を与えれば与える程食べるのですが(笑)
餌の多さで寿命や産卵数は変わらないので、週一で与え 2日目で取り出します。

PAGE TOP

【アトラスオオカブト】  ♂♀(ペア) 


【アトラスオオカブト】(おそらくフィリピン産)

住宅展示場のイベントで、アトラスオオカブトを飼うことになった。
カブト系は発酵の進んだマットが好みなので、あまり好きではないのですが、
これも何かの縁(笑)丁度ペアだし繁殖に挑戦してみることにします。

その前に、アトラスのことは全然知らないので、少し調べてみた・・・

P1380806.jpg

分布域:フィリピン群島
ギネスサイズ野外:108mm 飼育:103.6mm

カルコソマ属の中で最もポピュラーな種類のオオカブト。
流通量が非常に多く、夏場にはペットショップやホムセンに置いてあり、
時にはUFOキャッチャーの景品になっていることも・・・
ミンダナオ産のアトラスはカルコソマの中で最も長角が出やすいと言われている。

一般的な周期は、夏の終わりから秋にかけて産卵し幼虫で1~1.5年過ごし、
5月辺りから蛹化、成虫は3~7ヶ月ぐらいの寿命らしい。

P1380813.jpg

アトラスオオカブト、♂、全長65mm、

通常70~85mmぐらいなので、アトラスにしては小振りなサイズです。
・・・だからイベントの景品になってたんでしょうけどね(^^)
角が微妙に湾曲してるのでフィリピン産のようです。

比較的繁殖は容易なようなので、繁殖に挑戦してみようと思います。
・・・あまり気合は入ってませんが(^^;

P1380860.jpg

アトラスオオカブト、♀、全長48mm、

形は国産カブトのメスとほとんど違いはないのですが、
背中が金属系の緑光沢を帯びていて綺麗です。


PAGE TOP

かぶとむし ジャングル!! 


ABCハウジング のイベント、「かぶとむし ジャングル」 に行ってきた。
先着 100名様ですが、「カブトムシ(アトラスオオカブト)を捕まえて持って帰れる」
・・・と言う、子供向けの企画。

朝 10時から整理券配布で、9時過ぎに行くと 11番目でした。
そこからゾロゾロと並びだしたが、5~60人程度で止まった(^^;

P1380787.jpg

・・・意外と参加者は少ないみたい、あまり知られてなかったのかな?
参加だけなら昼過ぎでも余っていそうです(笑)

でも、行くのが遅いと、小さいオスかメスしか残っていないので、
やはり早く行くに越したことはありません(笑)小さいオスはショボイので(^^;

ハルが 「行きたいー!」 と言うので、
昨日の夜は遅かったのですが、早起きして行ってきました。
>結局、大きいのは居ませんでしたけど・・・(笑)

今年の盆は、ほとんどゴロゴロしてただけだったからなぁ(笑)
予定がなければ寝てるだけなので、休みを無駄に過ごさないのでいいか・・・

P1380790.jpg

簡単に作った仮設テントで、放虫してるアトラスを捕る・・・だけ(^^;
確実にゲットできるので、おそらく低学年(男子)向けなのかな?

まぁ、私がカブトに興味なく、見ることのない外国産のカブトなので、
飼ってみるのも、いい経験になるでしょう(笑)
>そう言いながら、ほとんど殺していますけど・・・(^^;

CA3G0744.jpg

11番目だけあって、その中では大きい部類のアトラスをゲットしましたが、
全体的に小振りのアトラスばかり・・・イベントで配るんだからそんなモンか(^^;

ツノの大きさはみんな同じレベル、オスメスペアセット。
体が大きいのを選んだので、次世代に期待 >増やすのかよ!!(^^)

P1380799.jpg

同時に開催してた企画、「プリザーブドフラワー教室」 にも参加。
今回来なかったアヤの為に、ハルが作っていました。

PAGE TOP

カブトの幼虫が ✩ に・・・ 


ハルの飼ってた、カブトの幼虫が星になりました・・・
潜って出てこなかったので、掘り返してみると、
原型はあるのですが、真っ黒になって固まっていました。

P1370964.jpg

土化してあまりグロくないので、モザなしです(笑)
ハルって、生き物飼うのは向いてないのかな・・・南無~(-人-)

PAGE TOP

カブトの幼虫が☆に・・・ 


2匹買ったうちの1匹が、
蛹化途中で、黒くなって死んでいました。

P1370645.jpg

・・・モザ掛けたら、何も分からんがな(^^;

PAGE TOP

マット交換 


4月後半に買ったカブトの幼虫ですが、ずっと放置状態だったので、
そろそろマットを交換してやりましょう。
カブトは糞が多いので、マットを定期的に交換しないといけません。

P1370319.jpg

幼虫は 2匹いたのですが、1匹はすでに前蛹になっていました。
蛹室も作ってるので、コイツはこのままで蛹になってもらいます。

ちょっと見えにくいですけど、大きさからしてメスっぽいなぁ・・・(^^;

P1370316.jpg

もう一匹は、まだまだ動いています・・・しかし、小さい(笑)
メスなのか?いや、まだ蛹化しそうにないので、これから大きくなるのかも?

ハルはオスとメスで選んだらしいのですが、当たってるのか?
まだオスの可能性は十分にあります。
オスの方が大きくなるので、甲虫類は羽化ズレが生じます。

こちらはマットを交換しました。
やはり結構糞がゴロゴロとあったので、廃マットは
植木用の土にします。いい土になるんですよねー、これ(笑)

PAGE TOP

またカブトの幼虫を・・・ 


ハルがまた 「カブトムシ飼いたい!」 と、言い出した。
つーか、毎年飼ってるがな・・・(^^;

なぜかハルはクワガタには興味がなく、カブトがいいようです。
クワガタなら家にたくさん居るのに・・・
毎年 GW辺りには、「カブト飼いたい病」 が発症するようです(笑)

P1360752.jpg

自分で買うと言うので、ペット屋で自分で買わせた。
1匹¥100円だったので 2匹購入。
「あとで返すから」 と言ったので、私が立て替えたんですけどね(^^;

オス 2匹!と言ってハルが選びましたが、
はてさて、結果はどうなるのか? 3ヶ月後のお楽しみです(笑)

P1360759.jpg

家に帰って、ネスカフェの空きビンで個別飼育。
去年のマットが残っていたので、すぐにセット完了です。

しかし、女の子なのになんで虫を飼いたがるんでしょうか・・・
・・・あ、私の影響か(笑)

PAGE TOP

カブトの卵救出~♪ 


先日、カブトの卵を発見したのですが、
本日探してみると・・・卵が一個しか発見できず、幼虫も見当たりません。

幼虫が小さすぎて発見できないのか?孵化して死んでしまったのか?
卵がアリにでも食べられたのか?
原因は分かりませんが、とりあえず、1個の卵を隔離することにしました。

P1320130.jpg

決めあぐねてる、ハルの自由研究のテーマを
「カブトの観察日記」 にすればいいのに・・・(^^?

PAGE TOP

カブトの卵、発見!! 


久々にハルが飼ってるカブトを見てみると、
オス1匹、メス3匹の計4匹だったのに、・・・5匹居る???

P1310783.jpg

よく見ると、オスが首チョンパになって☆になっていました(笑)

・・・連日の猛暑に、耐え切れずに死んだのでしょうか?
先日まで元気に動いてたのですが・・・寿命にしては早過ぎる?気がします。

P1310787.jpg

先日までメスを入れてた、産卵セットの方には卵が確認できました。
3~4個ですが、ハルが累代にチャレンジするようです。
カブトなら外でも飼えるので、何とかなるでしょう。

オス・メス一緒に飼っている時は、酒池肉林の毎日を過ごしてたので、
あと何個か卵は取れると思います。
メス3匹が死ぬまで、このまま飼っておきます。

PAGE TOP

カブトの卵発見!! 


いよいよカブトのマットが発酵してきて、
かなり臭くなって、玄関での飼育が困難になってきた。

とりあえず、ハルがマットを交換してたら、途中で飛んできて・・・

「パパ、卵あったで!!」

・・・と、血相を変えて叫びながら走ってきた(^^)

P1310508.jpg

そう言えば、クワガタは幼虫になってから材割りしてるので、
チビがカブ・クワの卵を見たのは初めてですね~(^^)

最近見ていると、オスがメスに攻撃してエサ場を守ってるので、
もう、発情期は終わったようなので、メスと分離しても大丈夫でしょう(^^?
このケースはマットの交換ではなく、追加にして産卵ケースに転用しました。

CA3G0701.jpg

中に朽木を一本入れて、
ダイソーの昆虫マット 3.2L を、追加で 1袋入れました。

PAGE TOP

カブトもらった・・・(^^) 


ハルが飼うと言うので、モリリンにカブトをもらった。
モリリン宅はカブトが増殖してるらしい。
近所の子供に配っても、余ってるらしいので少しもらうことに・・・

P1310277.jpg

オス 1匹、メス 3匹のハーレム状態(^^)
なんか、めっちゃ増えそうな予感がします・・・

P1310268.jpg

私は代わりにクワガタの幼虫を6匹ドナドナ。

幼虫は 13匹採れましたが、材割り時に頭が変形してるのが 1匹いました。
残念ながら、その幼虫は翌日に死んでいました。
なので、残り 12匹を半分ずつ分けて、6匹をモリリンにドナドナしました。




PAGE TOP

こちらも死亡確認・・・(^^; 


先日の体調の悪い蛹と幼虫ですが、本日死亡確認を行いました。

体液が出てた蛹ですが・・・
右前足だけ殻を破ってましたが、他は殻を脱げずに死んでしまったようです。
体も真っ黒になり、もう動きません。俗に言う、羽化不全です(^^;

P1240394.jpg

もう一匹の幼虫も、さらに黒くなって動きません。
原因が分かりませんが、とうとう、死んでしまったようです。

PAGE TOP

カブトペアリング・・・もう(^^? 


・・・もう交尾しています(^^?
こんなに早くて大丈夫なのか心配ですが・・・

今年中にケリ付けないといけない種ですから、こんなモンなのかな?

P1240280.jpg

昨日、同居させたばかりなんですけどね・・・
ベル坊、手が早いぞ・・・(^^)

PAGE TOP

残りの幼虫が・・・ 


発育悪いです・・・と言うかダメそう(^^;
2匹は順調に成虫になりましたが、残りの2匹が羽化できなさそうです。

P1240233.jpg

最初何か黒いものがあるな?と、思ってたのですが・・・

P1240239.jpg

蛹がウネウネと動く度に流れてきます。
どうやら体液が流れ出てるようです。おそらく何か衝撃があったのかな?

これは直すこともできないので、どうしようもありません。
まだ動いてますが、おそらく羽化はできないでしょう。

P1240256.jpg

もう一匹の幼虫は、全く動かなくなり黒くなっていきました。
もう少し様子を見てみますが、たぶん死んでる(^^;

PAGE TOP

新婚生活開始~♪ 


いよいよ今日から、カブトの新婚生活開始です。

まだ羽化してやっと体が固まったぐらいですので、早いと言えば早いのですが、
飼育スペースの関係上同居させることにします。

まだお互い成熟してないだろうから、交尾は無理だと思いますが・・・
放っておけば、その内ペアリングするでしょう。
秋までの寿命なんで、それまでには子孫残さないといけないしね。

P1240260.jpg

このまま死ぬまで飼うつもりですが、クワガタと違って腐葉土ですので、
部屋に置いてると・・・土自体が臭いです(^^;
否応なしに最低でも玄関、または外での飼育になりますね・・・

ちなみにメスは速攻潜っていきました・・・(^^;
まだ後食は始まらないと思うので、7/5ぐらいまでは大丈夫と思います。
このカブトは、ハルが責任もって管理します。

PAGE TOP

カブト羽化しました~(^^)b 


カブトの蛹もかなり黒くなってきて、
もうそろそろ羽化が始まるな・・・と、思ってたら
モゾモゾと手足を動かして、羽化が始まりました(^^;

P1240120.jpg

さっきまで蛹だった時は、腹をウネウネさせるぐらいで、
全く動かなかったのに・・・

P1240144.jpg

手足を動かし出したら、一気に脱ぎだしました♪
おお、この瞬間が見たかったんですよねー、念願叶いました(^^)
今回はビデオもセットできたので、正にええタイミングでした♪

P1240151.jpg

元気のいい赤ちゃんって言うか・・・なんか、金太郎みたいですね。
「だぁーあっ!!」 って、声が聞こえてきそうです(笑)
上の写真からほんの 2~3分ですが、羽はすでに後ろに回ってます。

よし、コイツは 「ベル坊」 と、名付けよう!!(^^)v

P1240155.jpg

アヤが携帯で動画を撮っていました。
チビにデジカメと動画撮影用に、使い古しの携帯を使わせています。
主な用途は目覚まし時計(^^)

P1240178.jpg

国産のカブトは縦の蛹室を作るので、立ち上って後翅を伸ばしています。
さすがに、まだ腹がムッチャ飛び出してますね(^^;

P1240196.jpg

だんだんと羽も色付いてきました。
この後、腹をクネクネ動かし、後翅を器用に畳んで羽の中に収納しました。

P1240207.jpg

羽がすっかり収まり、色も濃くなってきました。
あとは体が固まるのを待つばかりです。この状態になるまで、約 2時間かな?

P1240214.jpg

今朝 6時の状態。羽化から 8時間後です。

P1240216.jpg

さらに 12時間、羽化から 20時間後です。
角の皮も取れました、白いホコリは何だろう・・・?
後は腹が引っ込めば、飼育ケースに移してやりましょう(^^)v

PAGE TOP

次はオスです・・・ 


・・・だいぶん黒くなってきました。
今週中には羽化するかも?・・・ですね(^^)

P1240088.jpg



PAGE TOP

カブト羽化しました~♪ 


今日、会社から帰ってくると、最初に蛹になったメスが羽化してました。
また、羽化する瞬間を見逃してしまいました・・・(^^)
チビが学校に行ってる間に、羽化したらしいので、チビも見逃したそうです。

P1230830.jpg

P1230825.jpg

あとの 2匹はまだ蛹です(更にもう一匹、まだ幼虫が居ますが・・・)
次はオスが羽化する予定。オスの羽化は、是非見てみたいものですね。

PAGE TOP

黒くなってきた・・・(^^) 


最初に蛹になったメスのカブトですが、
だいぶん、黒くなってきました、あと 10日ぐらいでしょうか・・・(^^;

P1230764.jpg

P12307723.jpg

メスって成虫は角が無いのに、蛹では名残があるんですね(^^;

PAGE TOP

カブト蛹化寸前~ 3匹目(^^; 


先日、蛹になったカブトの、残りの 2匹はまだ幼虫だったのですが、
今日見ると、1匹が前蛹になっていましたので、半人工蛹室を作りました。

前に重さを量った時、4匹の中で一番小さかった幼虫です。
この大きさだと、おそらくメスですね(^^;

P1230668.jpg

P1230669.jpg

前蛹になると、この動きしかしません・・・(^^)
丸まって~伸びる!の繰り返し、まるで腹筋をしてるみたいです(笑)

PAGE TOP

蛹化 2匹目~(^^) 


本日、会社から帰ったら・・・

・・・蛹化してました(^^;

P1230578.jpg

蛹化する瞬間が見たくて、ビデオまでセットしてたのに・・・(T_T)
でもカブトの蛹って、なんかカッコイイ♪

PAGE TOP

まだ前蛹状態・・・ 


蛹化するところが見たくて、幾度と無くチェックしてるのですが、
今のところ、前蛹の状態のままで、特に変化も見られません。

P1230520.jpg

発見した木曜の晩辺りから、前蛹の状態で未だ変化なし。
体表が黄色くなり、シワシワな状態です。

・・・結構前蛹状態って長いんですね。
もっとすぐに変化するものと思ってました(^^;

P1230525.jpg
※時折体を伸ばして、「蛹化するぞ!」と、威嚇してるようです(笑)

でも、蛹化しだしたら、一気に蛹になっちゃうんだろうな・・・
上手くタイミングが合って、蛹化するところが見れたらいいな(^^;

P1230545.jpg

撮影準備完了~(^^)b

PAGE TOP

蛹化の観察も・・・ 


4匹居る内の、オスと思われる 1番大きかった幼虫も蛹化しそうなので、
半人工蛹室を作って入れてみました。
上手くいけば、蛹化が見られるかも知れません(^^)

P1230502.jpg

もらった中で一番大きかった幼虫です。 >>カブトの幼虫プレゼント
おそらくコイツはオスと思われますので、ちょっと楽しみですね(^^)

P1230504.jpg

体が黄色っぽく変色してシワシワになってました。
手足も全く動きません、これは蛹化間近の現象です。

P1230511.jpg

蛹化寸前に体が伸びてくるので、蛹化までもう少し時間はあるようです。
元々の蛹室がメスのより大きいので、やはりオスのようですね。

PAGE TOP

半人工蛹室作成・・・(^^; 


久しぶりにカブトを見てみると・・・

・・・蛹になってました(^^;

4匹居る内の 2番目に大きかった幼虫が、メスの蛹になってました。
カブトは 20日前後で羽化するので、6月末辺りに羽化するでしょう。
もうそんな時期なんですね(^^;

P1230469.jpg

しかし、このままでは見にくいので、人工蛹室を作ることにしました。
元あった蛹室を利用するので、半人工蛹室です(笑)

蛹室に届く寸前まで、洗面器にマットを掻き出していき、
できるだけショックを与えないように、蛹を取り出します。

P1230488.jpg

写真の 「虫除けスプレー」 の太さが丁度良かったので、
蛹室に放り込んで、またマットを入れて押し固めます。

P1230501.jpg

ガラス面をきれいに拭けば、半人工蛹室の出来上がりです(^^)v
ちょっと気持ち浅かったかも?

カブトを飼育してる目的は繁殖や飼育ではなく、
(チビの)観察が目的ですので、これで観察しやすくなりました。


PAGE TOP

なんか、エライことに・・・(^^; 


下駄箱の中に放置状態だった、カブトの幼虫を久々に見たら・・・

・・・エライことになっていました(^^;

空気穴から身を乗り出し、晒し首状態に・・・(笑)

CA3G1252.jpg

まぁ、実際には腹の途中なんですが・・・(^^;
しかし体が柔らかいんですね。頭ぐらいの穴に途中までですが通っています。

ちなみに幼虫に目はありません。目のように見える部分は頭です。
甲虫類の幼虫は土や樹の中に居るので、目は必要ありませんから~

CA3G1254.jpg

後ろから見ると、かなりマヌケです(笑)
自然界でこんなことしてると、鳥や獣のエサになっちゃうんでしょうね(^^)


PAGE TOP

カブトの幼虫引越し 


カブトはクワガタと違い、3齢以降なら共食いもしないので多頭飼育できますが、
今回は観察できるように、個別に透明なビンに入れて飼育します。
朝からいろいろと容器を探し回り、コーヒーの空き瓶で飼育することに・・・

上手くいけば、蛹化、羽化、が見れるハズです(^^)
なんか、ワクワクしてきました、楽しみです♪

P1230071.jpg

カブトの幼虫は、クワガタよりも発酵の進んだオガを食べるので、
先日、菌糸ビン交換した残りのオガが丁度あり、再利用することにしました(^^)
念の為に、クヌギマット買いましたが要りませんでしたね(笑)

あまりにフワフワだと蛹室を作れないので、クワガタと同じ様に、
1/2 ぐらいを硬く詰めて、1/4 をふんわりとさせておきました。
まぁ、自然界での腐葉土は、圧縮されて硬い状態なのでので大丈夫だろう・・・

カブトのオガ交換の目安は、糞が多くなってきたら交換しないとダメらしい。
クワガタよりも食いが速いらしいので、1~2ヶ月ぐらい?
1~2ヶ月もすれば、もう蛹になりそうですけどね(^^;

P1230080.jpg

カブトの幼虫はクワガタに比べて動きが速い、即行潜っていきました。

現在の体重は・・・
①34.58g、②23.88g、③20.55g、④20.43g です。

他サイトで幼虫の雌雄判別の目安として、
確実とはいえませんが、30g以上になれば、ほぼオスと見て間違い無さそうです。
今のところ、1匹はオスみたいです。

オスは腹にV字の模様があるそうですが、見忘れました(^^;
これも見えにくいらしいので、確実とは言えないらしい。

P1230086.jpg

これで準備も終わりました。このまま、冷暗所保管(下駄箱行き)です♪

カブトムシは桜と同じく、一年間の周期(四季)によって成長します。
まさに日本独特の虫(日本の風物詩)ですね。

08月頃 孵化:初齢(2~3週間)
09月頃 2齢(1ヶ月ぐらい)
10月頃 終齢(8ヶ月ぐらい)
11月頃~3月頃 冬眠するためえさは食べずじっとしている。
04月~5月頃 ふたたびえさを食べる
06月頃 前蛹→さなぎ
07月頃 羽化→成虫

注.上記はベランダ等の常温飼育の場合。 
室内飼育の場合は温度が高いため2月~5月にさなぎになる。


7月・8月、の2ヶ月しか成虫で生きてないので、
生き物の寿命や儚さと、「最後まで責任持って飼う」 と、言うことを、
チビが学んでくれれば良いな、・・・と思います。

PAGE TOP

カブトの幼虫プレゼント♪ 


今日、5/3 ペット屋 「ピース・ワン」 全店限定企画で、

「先着 50名様、カブトムシの幼虫プレゼント!!」

・・・と、言う企画イベントがあったので行ってみた(^^)

P1230020.jpg

ウチにクワガタの幼虫はいっぱい居るのに、ハルがカブトムシの方がいいと・・
>なんでやねん、似てるけど全然違うんやぞ(^^;
前に一度羽化させてるし、良い印象があるのでしょうね。 >>ココ

確実にゲットする為、早く家を出たのですが、
「ピースワン(堺店)」 の開店に間に合わず、10時 05分に到着。

開店前に、子供がたくさん並んでる写真を取りたかったのですが・・・
10時過ぎでも一番客だったようで、店員さんはみな掃除をしていました。
>・・・カブトムシ、客寄せになってないじゃんか!(^^?

P1230016.jpg

誰も居ないので、当然カブトムシの幼虫をゲットできました!(^^?
ここって、普段は犬猫グッズしか置いてないペット屋だからね、
カブトムシが置いてあろうとは、誰も思わなかったのかな?

・・・で、このまま実家へ向かったのですが、
良く考えれば、実家に行く間に、もう一軒 「ピースワン(大阪店)」 があるんです。
なので、寄ってみると、やっぱり余裕で幼虫ゲットできました(笑)

P1230032.jpg

つーか、ペット屋のはしご!?朝から何やってんだろか俺は(^^;
まぁ、実家に帰るついでなんで、別にいいんですけどね。

・・・で、結局アヤが 「要らん!」 と言い出して、ハルが 4匹飼うことに。
アヤは最近昆虫が好きじゃなくなってきたようです、
昔は、「ダンゴムシ好き~!」 って、言ってたのに・・・(T_T)

P1230049.jpg

やっぱりカブトムシ、先日掘り出したクワガタよりもデカいですねー(^^;
まぁ、このまま容器だけ入れ替えて飼育すれば、問題なく夏には成虫になるでしょう。
でも、カブトムシは冬越さないから悲しいものがありますよね(^^)


PAGE TOP

カブトムシ、とうとう羽化しました!! 


ハルのカブトムシが、とうとう羽化しました♪

久々に下駄箱を覗いて見ると、蛹の居た場所が真っ黒になって確認できません。
「・・・?」 と思い、フタを開けると、土の上にカブトムシがモゾモゾと動いていました。

08_07_05-001.jpg

小さめのオスのカブトムシですが、色ツヤも良く、元気そうです。
チビも興奮して大喜びして、「カブトムシの舞い(?)」 を踊ってました。
「カブトムシの舞い」 は、チビのオリジナルダンスらしいです。

08_07_05-003.jpg

カブトムシを、広い虫かごに引越しさせました。
引っ越したとたんに、日中は暑いのですぐに潜って行きました。
オスなので、角が邪魔かと思うのですが、以外と器用に潜っていきます。

チビが 「ゼリーあげる~」 と、言ってましたが、ゼリーを置く台も無いので、
近い内に、「昆虫ゼリー」 と 「停まり木」 でも、買いに行かなきゃな~(^^;

PAGE TOP

いよいよ蛹に・・・ 


久々にゲタ箱の中のカブトムシの幼虫を見てみると、
ハルの飼ってた方の幼虫(カブト)が・・・ 蛹になってました(^^)/
>>カブトムシの幼虫、本格的飼育。

08_06_23-002.jpg

分かり辛いですが、蛹室の中でうごめいています。
ハッキリ言って今まで放ったらかし、成虫になるまで餌は要りません。
飼育はホンマ楽ですわ・・・

しかし、アヤが飼ってたもう一匹の方(マナフィ)は、チーンしてしまい干からびてました。
そのことを告げると、意味が分かっているのか、その場でスゲー大号泣!!
子供は日々いろんなことを体験して覚えていくんですね・・・悲しみを乗り越えて欲しいです。

でも、「今度ハッピーセット買ってあげるから・・・」 と、言うと泣き止んでましたけどね(^^;

PAGE TOP

カブトムシの幼虫、本格的飼育。 


カブトムシの幼虫の飼育に、本腰を入れることにしました。
貰ってきたままの状態のパックに入れてたので、
飼育状態が分かるように飼える容器に、移して観察しながら飼います。

P1040712.jpg

ダイソー(百均)で買ってきた、昆虫マット(2.5L)と腐葉土(2.7L)です。
腐葉土100%って書いてたから大丈夫だと思う・・・たぶん(^^;
こんなんも¥100円で売ってるんですね。

P1040713.jpg

容器は海苔の容器を利用しました。
初めて幼虫を出してみましたが、大きさが全然違います。

カブトの幼虫は蛹になるまでに、1齢~3齢まで脱皮して大きくなるそうです。
小さい方は、2齢幼虫なのかな・・・?

P1040718.jpg

幼虫は暗い所が好きなので、下駄箱の中に入れておきました。
チビに担当させて飼うことにします。無事に育ってくれればいいんですけどね。

赤いフタはハル担当で大きい方の幼虫 「カブト」 と命名。
黒いフタはアヤ担当で小さい方の幼虫 「マナフィ」と命名しました。

PAGE TOP

幼虫大脱走!! 


会社に居る時に、携帯にメールが来ました・・・(^^;

2008/05/05 にもらったカブトの幼虫 が脱走して、
廊下で悶えてたそうです。速攻回収したらしいですが・・・

第一発見者のハルが 「幼虫出てる~!!」 と、泣き叫びながら、
嫁に報告に来て、新聞紙の上に乗せて元に戻したらしいです。
よく踏まなかったモンですね~(^^;

私が居合わせなかったので、残念ながら写真はナシです。

kokusan_title_img.jpg

しかし、カブトムシの幼虫って何食ってるんだろ?

>>カブトムシ飼育マニュアル

PAGE TOP