04/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

リヤピラーバー、カーボン化 


私の作ったリヤピラーバーはアルミの無垢材で、
最初はピカールで磨いたので、ピカピカに光ってたのですが、
最近は光沢が薄れてきて見る影もありません。

しかも、ピカールで磨くのも面倒になってきたので
>単に横着なんですが(^^;

翔さんにもらったダイノックカーボンシートで、
ピラーバーをカーボン化してみました(笑)
>正確に言うと 「カーボン風」 です。

【施工前】
P1350512.jpg

【施工後】
P1350513.jpg

黒くなったので、ほとんど目立たなくなりました(笑)

やっぱりダイノックカーボンシートは、見た目もリアルだし、
手触りが良いですね~質感が違います。

P1350602.jpg

「通勤快速仕様」 のステッカーも、リヤガラス越しに見え良い感じです(^^)v

PAGE TOP

ピラーバー完成~(^^)/♪ 


製作に永らく時間の掛かってた(いつものことだが・・・)ピラーバーですが、
やっと完成と言える状態になりました(^^;

P1080240.jpg

P1080241.jpg

P1080238.jpg

P1080243.jpg

後部座席の邪魔にもならずいい感じです(^^)/

【インプレ編】
・走り心地は?
リヤの鋼性が上がったので、リヤから押す感じが伝わってきて、
気持ち的にはオーバーステアになった気がします。

しかし、リヤがしっかりした分、フロントの応答性が悪く感じてきたので、
フロントのタワーバーも入れてみました。
すると、前後ともしっかり感が出て、ショックが「ワンランク上の足回り?」に、
なったような気がしました。

そして、足が硬くなった分、路面の細かい凹凸まで拾うようになったので、
乗り心地に関しては 「う~ん・・・」 ですが・・・私的には気にならないレベルです。
でも、長く車に乗ってると、身体の芯に疲れが溜まりそうな感じです(^^;

・見た目は?
リヤのスモークガラス越しに見えるので、カコイイです。
細かいところは見えないので、自作のピラーバーだとは思われないでしょうね。
洗車時に雑巾も乾かせるので、実用的にも効果有りです(笑)

・満足度は?
この程度のDIYだとやっつけ作業なら、1日あれば充分出来るんでしょうけど、
時間を掛けて一つづつ、妥協せずに作ったので、嬉しさも倍増ですね。
完成度が高いので、売ってる製品に負けないぐらいの出来だと自負しています(^^;

・後方視界は?
今回使用したのは、φ22のアルミ棒でしたが、以外と邪魔になります。
位置的に丁度、後方の50m以降が隠されますので、近付いてくる車がちょっと見難いです。
突然、近付かれないようにスピードを出しておかなきゃ・・・え?違うって(^^;

・総括
効果の度合いは、フロントが+6割、リヤが+4割ぐらい増えたって感じかな?
同時装着だと効果倍増で、+15割り増し(+1.5倍)ぐらいになる感じです。
このパーツは単体で装着するよりも、前後同時に入れる方が効果的だと感じました。

チューニングは全てにおいての、バランスが大事だと痛感しました。
走りはスゴク楽しくなりましたが、身体の芯に残る硬さがありますので、
この状態で、いつまで走れるかは不明です(^^;

PAGE TOP

ピラーバー用アルミ棒磨きました。 


アルミの棒を見つけてきたのですが、外に置いてあった(放置?)ので、
表面の見た目は、1円玉と同じような状態でした。
そこで、ウチにピカールがあるので、これで磨いてみることにしました。

今回使ったアルミ棒は Φ22×L840×Φ8 です。
L840mm は、現物合わせの寸法です(^^)/

①まずは、作業前の状態。光沢が・・・ないです(^^;
P1080209.jpg

②サンドペーパー#1500番で下処理。
下処理は、もうちょっと粗くても良かったかも知れません(^^;
P1080217.jpg
手が真っ黒です(^^;

③今回の主役、ピカール登場!!
P1080226.jpg

④ここまで光りました~♪
P1080224.jpg

やってみて思ったのですが、この作業は根気で磨くしかありません(^^;

やり始めて 1~2分で、「お、なかなか光るじゃん♪」 と思うのもつかの間、
3分を越えると嫌になってきます。しかし、10分を越えるとキレイになるのが楽しくなってきます♪

終わる頃には 「もう、やりたくねー!!」 と、思うのですが、
光り輝いた完成品を見ると、知らず知らずの内に、他の物も光らせたくなってきました。
不思議ですね~(^^;

P1080230.jpg
擦りすぎて、指にタコができました(^^;

PAGE TOP

ピラーバー用スペーサー完成~(^^)b 


ピロボールの位置が水平になるように、
ナットを使ってたのですが、カットしたスペーサーを挟んでみました。

【前回・ナット使用】
08_11_08-004_20081109225155.jpg

【今回・スペーサー使用】
P1080236.jpg

【前回・ナット使用】
08_11_15-004.jpg

【今回・スペーサー使用】
P1080235.jpg

あとはアルミの棒を用意すれば完成です。(^^)/

PAGE TOP

ピラーバー用スペーサー購入!! 


スペーサーは売ってる商品を発見したのですが、
商品として売ってるものは、M8用だと長さが10mmからしかありません。
必要なのは 7mm程なので、数ミリほど削って使うことにします。

08_11_09-22007.jpg

※ケイヨーデイツーで¥98円で売ってました(^^;

PAGE TOP

ピラーバー、またまた問題が・・・(^^; 


ピラーバーを取り付けるために、ピロボールを取り付けましたが、

ここでまた 「ピロボールが水平にならない!!」

・・・と、言う問題が(^^;

ピロボールの間に間隔ができたので、ネジをスペーサー代わりに使ったのですが、
以外とネジの厚みがあり、ピロの自由度が制限されてしまいました(^^;

08_11_15-004.jpg

赤い線まで上がれば水平なんですが・・・完成までの道程は、まだまだ長そうです(^^;

PAGE TOP

ズン切りネジ購入~♪ 


ピロボールとピラーバーを繋ぐネジは頭を切って作ろうと目論んでたところ、
ステンレスのM8だったので、私所有の工具で切ることは出来ませんでした(^^;
仕方ないので、近所のネジ屋さんでズン切りネジを購入しました。

08_11_12-002.jpg

ズン切りM8×80ステンネジ、¥100円*2 でした。

PAGE TOP

リヤピラーバーの部品調達♪ 


コの字ステーで失敗したので、少し意気消沈していましたが、
気を取り直して製作を再開することにしました。
まずは、ダイソーとネジ屋で部品集めから始めました。

08_11_08-004.jpg

こんな感じで大丈夫かな(^^;
あとは取り付けて見て、現物合わせでアルミの棒を探さないとね。

08_11_08-004_20081109225155.jpg

組んでみると、こんな感じになりました・・・(^^)v

PAGE TOP

再びチャレンジ・・・コの字ステー 


前回失敗したので、またダイソーでステーを買ってきました。
今度は1穴多い、4穴のステーです。これなら大丈夫なハズ(^^;

08_11_03-002.jpg

例のごとく、カタイのですがなんとか加工してコの字ステーを作りました。
今度は使えるピロボールがあったので、穴はM8で統一しました。

08_11_03-005.jpg

ふっふっふ・・・これだけ長さがあれば大丈夫だ!!



PAGE TOP

リヤピラーバー・・・失敗!?(T_T) 


ピラーバー用に作ったステーを、いよいよ取り付けます。

まず、取り付ける位置は、リヤハッチのダンパーに共締めすることにします。
商品化してるのはリヤのシートベルトに共締めするタイプが多いようです。

確かにリヤタイヤの上になるので、一番いい位置かと思いますが、
この位置では後部座席から苦情が来ることは必然(^^;
位置的にもそう大差ないので、リヤダンパーに共締めと言う形を取りました。
好きな位置に取り付けれると言うのは、DIYならでは・・・ですね。

内張りを外してコの字ステーを共締めします。

08_11_08-005.jpg

・・・しかし、ここで問題発生!!   ・・・いきなりかよっ!!

タワーバーのエンドの穴とコの字ステーの穴位置が合いません。
M8のネジでコの字ステーを共締めしたので、M8の頭が当たって入りませんでした。
3穴のステーを使ったので短かったようです、これは想定外でした(^^;

08_11_08-006.jpg

ステーをもう一度作り直しですね~(T_T)

PAGE TOP

リヤピラーバーの製作!! 


タワーバーを流用することで、必要な材料はあと、「コの字ステー」 だけになりました。
なので、ダイソーへ行って使えそうな部品を探しましたが、
コの字のステーは見当たらず、ちょっと加工が必要ですが金具を調達してきました。

08_10_26-004.jpg

このステーの穴を大きくして、コの字に曲げてしまいます。
使うネジに合わせて、真ん中はM8、両サイドはM10に穴を広げます。
ステンレス素材なので、カタいのなんの・・・(^^;

P1080006.jpg

ちょっと、形はイビツですが、こんなモンでいいでしょう(^^;

PAGE TOP

タワーバーの転職!? 


ハンドリングの応答性を良くする為、フロントにタワーバーを付けたことにより、
純正よりもクイックになったのですが、確実にアンダーが強くなっています。
>要するに曲がらないってことですが・・・(^^;

もともとMH型は、前モデルに比べ鋼性が上がってるので、
純正でのハンンドリングも良い方なのです。
で、フロントに補強(タワーバー)を入れた為に前後のバランスが崩れ、
結果曲がり難くなったのです。

なので、対策として、①リヤピラーバーの導入!!
フロントの鋼性が上がった分、リヤの鋼性も上げてやる・・・チューニングの方向性としては
当たり前の方法なんですが、安くても¥1万円前後はしますので、私には無理です(^^;

08_10_25-008.jpg

②じゃあ、自作で(^^?
ハッキリ言ってただの棒なので材料さえ揃えば作れますね(^^;
   ・大き目のピロボールかアイボルト
   ・アルミの棒1m×Φ25mmぐらい
   ・頭の無いネジ(名前分からん)
   ・コの字ステー

・・・で、アルミの棒が結構高く、安い材料を探してると、

「フロントのタワーバーが使えるんじゃないか(^^?」

そうです、フロントのタワーバーをピラーバーに流用することにしました。
また長さも調整の範囲で使えます。>前後のトレッドは同じなのでそう変わらんやろ(^^;
フロントの鋼性が減るので、更に曲がり易くなるのでは?バランスが崩れるかな?

まぁ、リヤのピラーバー(自作)を付けてみて、フロントも必要だと感じたら、
元に戻して、リヤに新たにアルミの棒を購入すればいいですからね。

・・・と、言うことで作ってみることにしました。

PAGE TOP