04/ 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

また蜂が・・・(^^; 


また蜂が巣を作っています・・・
しかも、また同じところに、これで今年は 3回目です(^^;

20170506_134131018.jpg

・・・そんなにウチって、
    住み心地がいいのか(^^?


PAGE TOP

またヤツらが・・・(^^; 


巣を作っています・・・(^^;

先日、退治したばかりなのに、
そんなにウチ(しまった家)は快適なのか?(笑)

20170430_111056445.jpg

しかも、前と同じサッシの下(笑)

20170430_111041941.jpg

なんか、最近ハチだらけ・・・(^^;

PAGE TOP

いよいよ・・・ 


ヤツらが巣作りしています・・・(^^;
これが近づくと、「もうすぐGWなんだな~」・・・と、
実感が湧きますねー(笑)

20170420_061350886.jpg

夜の内に撤去します(^^)v

PAGE TOP

またハチが・・・ 


・・・巣を作っています。

今回はベランダの屋根の下(笑)
よくまぁ、雨風凌げる場所を、上手いこと探し出すものですね~

このままでは嫁が 「ベランダに出れない・・・」 と、
理由を付けて洗濯をしないので、早いこと撤去しないといけません(笑)

P1490064.jpg

例によって夜の内に、綿棒のケースを使って巣ごと撤去しました。
まだ1匹なんで、夜なら楽勝です(笑)
3匹ぐらいまでなら、この方法で撤去できます(笑)

PAGE TOP

飛んでくる、すずめが・・・ 


ウチのデュランタが、スズメガのオアシスになっています・・・
ちなみに、「雀が・・・」 ではなく、「スズメガ・・・」 です(笑)

どいつもホバリングが得意で、長い口を伸ばして蜜を吸います。
蜂やハチドリとよく間違われますが、蛾の仲間です。

oosukasiba6913.jpg

日中に良く飛んでくるのが、皆さんご存知?の「オオスカシバ」。
羽根が透明なので、よく蜂に間違われます(^^;

hosihoujyaku215.jpg

「ホシホウジャク」。ウチで一番良く飛んでくる種類かな?
多い時は20匹ぐらい、デュランタの周りをホバリングしてます(笑)

「ホウジャク」 は、蜂や雀に似てることから、
漢字で書けば、「蜂雀」 と書きます。

sesujisuzume624.jpg

「セスジスズメ」。よく見かけるが飛んでる時よりも、
止まってることが多い。おそらく夜行性。

樹の樹液や果物の汁を吸うらしい。ホンマもんの蛾ですね(笑)
オオスカシバやホシホウジャクと比べて、大きめサイズ。

上の2種は日中に飛び回りますが、羽根を広げて止まる、
・・・などの特徴があるので、蛾の仲間です(笑)

artjuyyopuopyyig.jpg

実は、羽化したてのオオスカシバには鱗粉があるんです!!
・・・自慢できない、微妙なウンチクでした~(笑)

PAGE TOP

またハチが・・・(^^; 


・・・巣を作っていました(^^;

「また」・・・と、言うよりも、
「まだ、あった」・・・と、言った感じでしょうか(笑)

P1460745.jpg

え~っと、室外機周辺がエライことに・・・(^^;

いつも GW には、ウチに植わってる木の剪定をするのですが、
今年はしなかったので、伸び放題(笑)

そらぁ、これだけ鬱蒼とシダが繁殖してたら、
ハチの巣があっても、なんら不思議ではないですよね・・・
ちなみに、室外機の下では、カエルが住み着いて鳴いています(笑)

P1460750.jpg

巣に帰ってきた女王蜂が、茂みに入っていったので、
もしや!?と、思って探し発見しました。

・・・また夜に撤去します(^^;


PAGE TOP

またハチが・・・ 


巣を作っていました・・・・
毎年 GW周辺のこの時期に、巣作りを始めます。

P1460677.jpg

アシナガバチは攻撃性が低いらしいです。
また、幼虫の餌に庭木などに付く、イモムシやケムシを狩ってくれるので、
益虫として扱われる場合も多々あります。

・・・のですが、ウチの近所には子供も多く、
放置して飛び回られるのも、確かに鬱陶しい(^^;
>しかも、私がピット作業してる、側にありますからね~

また、夜の間に巣を千切って、近所の空き地に捨てに行きます。
・・・可哀想だけど、仕方ないのです(^^;

P1460684.jpg

調べてみると、セグロアシナガバチのようです。

===========================
【セグロアシナガバチ】
体長は21~26mmで,日本産のアシナガバチの中では最大の種類です.
市街地で最も普通に見られ,4月中旬頃から人家の軒下や木の枝などに巣を作ります.
柱や板壁,杭などの表面を削り取って巣の材料にします.

働きバチの羽化は5月下旬~7月で,オスと新女王は7月下旬~9月に羽化します.
大きな巣では育房数は300~400房,働きバチは50頭ほどになりますが,
一般的には200房未満です.

オスや新女王は10月~11月まで巣上に集団で止まり静止していることがあります.
ハチの体に直接触れない限り刺されることはありません.

また,新女王が越冬のため巣の上や人家の外壁,屋根裏や天井などに
集団となって静止していることがありますが,やはり攻撃性はありません.

寒さが厳しくなると共に巣に止まるハチの数は減ってきますが,
そのまま巣上(巣の背面)で越冬することもあります.

被害は6~8月に巣を刺激して刺されるケースと,
10月~11月に巣を離れた新女王が洗濯物や布団に潜り込み,室内に取り込んでから
知らずにハチを圧迫して刺されることにより発生します.
===========================

>>アシナガバチ辞典

PAGE TOP

芽吹いてきました・・・ 


家の横に植わってるシジミバナが、そろそろ芽吹いてきました。

最近は、さほど寒さも感じなくなってきました(笑)
服装も薄手のジャンバーに変わり、暖かくなってきた証拠ですね。

P1450649.jpg

厚みのある小さな花をつけるので、咲くとマジ綺麗ですよ~
もっと増やしたいんですが、前に買った時以来
売ってるのを見たことありません・・・なんでだろ(^^;

挿し木でしか増えないらしいので、増やす自信が有りません。
そんな高等技術、私にはできませんからね~(笑)

P1450646.jpg

もうすぐ桜が咲く時期。ここら辺はいつも 4/10 辺りに開花しています。
桜の下で昼飯食べるだけですが・・・

今年も、花見に行くぞ!!(^^)v

PAGE TOP

こんなところで・・・ 


朝、自転車に乗ろうとしたら、こんなところで・・・

P1440506.jpg

サナギになるな!!
ゴルァo(`ω´#)(#`ω´)oゴルァ 


PAGE TOP

シノブ(西洋シノブ)を、衝動買い・・・ 


チビがトマトを植えるというので、苗を買いに国華園に行ってみた。
いろいろな植木が多く置いてあり、
私は植物も好きなので、色々見ていると飽きないのです。

物色していると、西洋シノブが¥280円で売っていた。

・・・安い!!

CA3G0023_20140521001915b72.jpg

昔から着生するタイプは好きで、シダ系は子供の頃によく植えてました。
洋ランやツタ系も、着生するので好きでしたねー(笑)

シノブはいつか軒下にブラ下げたいと思っていました。
しかし、意外と値段が高く買う機会が
無かった(要は金が無かった)のです。なので今回、思わず衝動買い(笑)

もう少し大きくしてから、軒下に吊るすことにしよう(笑)
基本丈夫で寒さ暑さに強いので育成は特に気にすることも無いようです。

P1430436.jpg

とりあえず、今はトイレに飾っています(笑)
なぜか私の植木は、いつもトイレに置いやられるんですけど・・・(^^;

増えたら、苔玉を作って楽しもう(笑)

PAGE TOP

またハチが・・・ 


室外機の横にタマシダの鉢を置いてたのですが、
ツルが伸びて横の地面に自生して、大繁殖しています。

室外機の裏に回り込んでるので、排除しきれません。
それが室外機の周辺に今でも繁殖し、巨大な茂みを作っています。

その「タマシダ」の茂みに、ハチが巣を作っていました(^^;

TS3R0433.jpg

どこにいるか分かりますか?
なんか「イモトを探せ!」みたいになっていますが・・・(笑)

ウチは巣を作りやすいんですかねー?
ほぼ毎年巣が作られてるんですけど・・・

恐らく植えてるラベンダーなどが長期に渡って花が咲くので、
花に寄ってくる虫や、蜜を採取しやすいから・・・かな?

【上の拡大写真】
TS3R0433aaa.jpg

夜の内に排除しました(^^;
夜ハチは飛べないので、葉っぱごと根元から切って、
近所の畑に捨ててきました。

地面に落ちた巣は外敵に狙われやすいので、
女王蜂は諦めて、その内どこかへ飛んで行きます。

ハチ用の殺虫剤が用意されてましたが、
それを掛けられるよりはマシだろう・・・(^^;


PAGE TOP

八重桜が咲いていた・・・ 


大阪では先週が桜の満開時期でしたが、
ラムーの駐車場にある八重桜は、いつも遅れて咲くので、
やっと 7分咲き・・・ぐらいになりました。

【先週の状態】
CA3G1279.jpg

まだ咲いてる花はありませんでした。
周辺の桜は満開に咲いています。
花見時期を逃しても、ここで遅れて楽しめますねー(^^)

【今週の状態】
CA3G1288.jpg

日曜(4/13)でやっと 7分咲き。今週平日が満開で見頃でしょうね。
来週の日曜には終わってるかな・・・(^^;

CA3G1291.jpg

なぜかこの桜、好きなんですよね(笑)毎年咲くのが楽しみです(^^)
花が大きく重たいので下向きに咲きます。

少し高い土手に植えると、丁度良いアングルで楽しめますね(^^;
大きな庭があれば、ウチにも植えたいのですが・・・

PAGE TOP

今年も、カマキリの卵が・・・ 


今週末は天気も悪く雨と風が桜をほとんど散らせてしまい、
花見時期を逃してしまいました・・・

そろそろ暖かくなってきて、草木も芽吹いて来る頃なので、
久々にデュランタの手入れをしてみました。
・・・その前に、カマキリの卵(卵のう)があったので除去。

一応、カマキリは益虫の範囲に入るのですが、
ウチでは虫を嫌がる傾向にあるので(・・・って、当たり前か(笑))
できるだけ除去しています。

まぁ、いくら除去しても花が咲くので、毎年寄ってくるのですが(^^;

P1420670.jpg

P1420671.jpg
P1420681.jpg

まず1つ目は、すだれの裏に産み付けてありました(^^)
これは、オオカマキリの卵です。

・・・賢いですね、雨風凌げて外敵にも狙われにくい場所です。
切り取ったので、穴が開いてしまいました(笑)

カマキリって意外と頭が良いのかも知れません、
メスがオスを食べるのも、エサがなくても卵の栄養を補う為だし、
自然の摂理って、実に上手いこと輪廻していますね。

P1420673.jpg

P1420674.jpg

2つ目はデュランタの枝に産み付けてあり、木の枝の裏側でコブみたいです。
葉が落ちるまで気付きませんでした。これはチョウセンカマキリの卵。
もう1つあったのですが、壁に生みつけられていました。

今まで、ウチではオオカマ、チョウセン、ハラビロの 3種は見たことありますが、
今年はハラビロカマキリの卵は見つかりませんでしたね~

デュランタもラベンダーも毎年花が咲き、蝶や蜂などの虫が常に飛んでくるので、
エサが豊富な場所と判断し、どこからかやってきたカマキリが、
子供が不自由なく育つように、この場所に卵を産んでいくようです。

ちなみに殺すのは可哀想なので、近くの林に捨ててきました。
親が選んだ産卵場所を変えてしまって、申し訳ないのですが(笑)
運が良ければ孵化するでしょう~(^^)

ee88c930e74.jpg

カマキリはその前脚を持ち上げた姿から「拝み虫(おがみむし)」とも
呼ばれるらしい。ギリシャ語名には「予言者」の意味がある。

おそらく「拝み虫」と同じように
祈る姿勢に見える事からの命名ではないかという気がするが?

6d21cb37016932dd2.jpg

瞳のように見えるカマキリの擬瞳孔(偽瞳孔)トンボやバッタも同じですが、
どの角度から見ても「こっちを見ている」ように映る。
昆虫は複眼と言って眼がたくさん集まっているので、光の入射によりそう見えるらしい。

ちなみに暗い所では複眼全体が黒くなる。

PAGE TOP

また、ハチの巣が・・・(^^; 


エアコンの室外機の中に巣食ってた蜂を先日退治しましたが、
今度は室外機の横のの茂みの中に巣を作っていました(^^;

P1380647.jpg

室外機には入って行ってないものの、
ハチがよく飛んでくるので、もしや?と思い探してみると、

・・・ありました(^^;

蜂の巣です。近所に子供も多くいるので、
可愛そうですが、蜂用のスプレーで昇天させておきました。

PAGE TOP

今年もハチが巣作り・・・ 


今年はなんと、クーラーの室外機の中に巣を作ってるようです。

ダンゴムシを咥えたハチが、室外機の中へ入っていくのを見つけ、
暫く見てると、数匹のハチが出たり入ったり・・・(^^;

こりゃあイカン!!

・・・どう考えても、中に巣を作ってるとしか思えません。

P1370693.jpg

手元にあった、嫁愛用の「フマキラージェットW」 で、
室外機の中に噴射すると・・・10匹ぐらいのハチが飛び出してきました。

ハチが巣を作ってるのを確認しに来てた嫁とチビは、
家の前でハチが飛び回ってたので、パニックになっていました(笑)

ハチも毎年、あの手この手を使ってきますね~(^^)


PAGE TOP

国華園へGO!(笑) 


今日は暖かくなってきたので、家族で園芸です(笑)
昼から天気が悪くなってきましたけど・・・

嫁とチビはまた苺を植えるらしく土作り・・・
私は園芸ではありませんが、エキマニに穴を開けてました(^^;
>エキマニ編は、また明日のブログにて公開。

P1350801.jpg

苺を植える為に、みんなで土作り。
・・・と、言っても、固くなった土を掘り起こしているだけ(笑)

秘密の肥料として、羽化まで使った菌糸ビンの土を入れてます。
幼虫の糞やバクテリアが多数いますので、実は良い土になるんですよ~(^^)
園芸店では手に入らない肥料です(笑)

P1350802.jpg

シジミバナも新芽が芽吹いてきました。
この花を増やしたいんですが、挿し木でしか無理なようで、
私にはハードルが高く、なかなか増やせません(^^;

今年は枝を剪定して、挿し木に挑戦してみようと思います。
上手く増えるのかな~(^^)

P1350804.jpg

今年も、野良チューリップの芽がでてきました(笑)
球根を掘らずに放ったらかしにしてるチューリップですが、
毎年、きっちり芽が出ています。

そして国華園へ苺の苗を買いに行きました。
「女峰」「とちおとめ」等何個か買い、
私は「メネシアマスカレード」と言う変わった花を衝動買い(笑)

P1350827.jpg

「メネシアマスカレード」、1年草らしいのですぐ枯れると思いますが、
開花が長いので(3月~6月)玄関に置いてみようと思います。
黄色が入ってる花なので、金運もアップする・・・かも知れない(笑)

PAGE TOP

パーシーカラーが・・・ 


前に買ったパーシーカラー はどこへ行ったんだろう?・・・と、
前から思ってたのですが、最近、門柱の裏で野生化してるのを発見(笑)

おそらく春を過ぎ休眠期間に入って、枯れたと思われて、
門柱の裏で放ったらかしになってたのでしょう。
さすがオキザリスの仲間、雑草なので基本的に強いですね~(^^)

P1350782.jpg

門柱の表側では直射日光がまともに当たるので(^^;
門柱の裏の方が半日陰になり、
少し間延びしていますが、植物の生育には適した環境のようです。


PAGE TOP

¥4200円って・・・(^^; 


ペット屋にて、ゲンゴロウが売っていましたが・・・

・・・¥4200円だとぉ!!
ありえへん!!(^^;


CA3G0551.jpg

現在では、虫も珍しくなってきてるんでしょうけど、
高すぎる気がしますね~(^^;

昔高かったオオクワガタが、今は価格暴落し、
代わりに、こんな何でもない虫が高沸してるなんて・・・
昔捕まえてましたよ、私(^^;

CA3G0552.jpg

10匹ぐらい洗面器に入れて飼ってたら、
翌日には飛んでいって、かなり減ってた記憶があります(笑)
陸地を作ってあげたのが失敗でしたね・・・

PAGE TOP

モンシロチョウ羽化 


今朝見ると、モンシロチョウが羽化していました。
早いですね蛹になったのが22日、わずか5日で羽化しました。

P1250410.jpg

モンシロチョウって、春にしか飛んでないイメージがあったので、
時期外れかと思い調べてみると、春から秋まで飛び回ってる蝶らしい(^^;

初夏以降は天敵の蜂が活動しだし、幼虫がエサになる為激減するらしいです。
なので天敵のいない春は多く飛んでるので、春のイメージがあるんですね。

P1250413.jpg

ハルが家の木に止まらせて逃がしてあげてました。
これって充分、観察日記の宿題にできると思うのだが・・・
>これは放虫OKですからね(^^;

残りの蛹も順次羽化していくことでしょう・・・

※残りの蛹はみんな、翌日に羽化しました(^^)

PAGE TOP

蛹になった・・・ 


ハルが育ててた青虫ですが、蛹になりました。
生まれたてから 2週間足らずで蛹って・・・こんなもんなのか(^^?

P1250369.jpg

普段、クワガタの幼虫しか見てないので早く感じますが、
こんなモンなんでしょうね~(^^;

PAGE TOP

ハルのキャベツ 


7月頃からハルがキャベツの種を植えてるのだが、芽が出ると
すぐにモンシロチョウの幼虫(つまり青虫)に食われてしまうのだ。
前も芽が出て青虫が付き、葉っぱが全部食われてしまった。

キャベツの葉が無くなったので、ハルはどうするのか見ていたら、
全部抜いて、また新しい種を植えていた。
まぁ、解決策にはなっていないが、ハルの中で新しくリセットしたのだろう。

そして、盆前に芽が出てきたのだが、やはり青虫が速攻着いていた。

P1250209.jpg

まぁ、近くに畑があって、しかもキャベツが植わってるので、
モンシロチョウが、ウチに飛んでくるのはごく当たり前のことなんですが・・・

そして今回、なぜか青虫を容器に入れて飼い出した。
キャベツの葉っぱを千切って、丸ごと入れてるのだが一日で萎れてくる。

青虫は食欲旺盛で、キャベツを栽培してるヒマはないので、
スーパーでキャベツを買ってきて、毎日一枚づつ与えるよう助言。

スーパーへキャベツを買いに行くと、
上手い具合に¥38円の端切れキャベツがあったので、購入して与えることに。
葉っぱを一枚づつ与えても、向こう一週間ぐらいは大丈夫だろう。

P1250318.jpg

普段、クワガタの幼虫を見てるせいか成長が早い。
3日ぐらいで倍程の大きさになっている。何日ぐらいで蛹になるのだろうか?
ハルは 「チョウチョになるまで飼うねん♪」 と、言ってるが・・・

・・・キャベツの栽培はもういいのか(^^?

本来の目的はどうなったんだろう・・・
もう興味が青虫に移ってしまったのだろうか?

・・・なんか、ハルの観察日記になってるような気がする(笑)
かなりマニアックですが、相原琴子の観察日記を書いてる入江祐樹(弟)の気分。。。
>分かる人には分かる(^^;

PAGE TOP

ゴーストシュリンプ 


チビがガチャガチャで 「伝説のゴーストシュリンプ飼育セット」 を当てた。
まぁ、中身はみんな一緒なので、間違いなく当たる賞品なんですが・・・

要するにこれ、「ブラインシュリンプ」 です(^^;

P1230670.jpg

私が熱帯魚を飼ってる時に、稚魚の餌として使ってましたので、
何度も孵化させたことがあります。
チビのペット飼育入門としては、手頃なとこでしょうかね(^^;

CA3G1341.jpg

卵を入れて1日目、もう孵化してる幼生が居ました。
チビが自分でセットして、幼生が生まれたので喜んでました(^^)

thrtyhrjrse.jpg

小さすぎて何だか良く分かりません(^^;
動いてるので、確実に孵化はしてるようです。
これの淡水版が 「ホウネンエビ」 なんですよね~

PAGE TOP

セラギネラ購入・・・ 


国華園で 2号ポットが¥198円だったので、
思わず衝動買いをしてしまった・・・う~ん、いかんなぁ~(^^)

CA3G1191.jpg

学名:Selaginella spp.
流通名:クッションモス・ふわふわモス
科名:イワヒバ科
属名:イワヒバ属(セラギネラ属)
性状:常緑多年草
原産地:東南アジア


柔らかい葉と まんまるな草姿が愛らしいセラギネラ。
「クッションモス」や「ふわふわモス」という名前でも出回っています。

見た目の可愛さだけでなく、さわり心地が良いのも特徴的です。
一見かよわそうに見えるのですが 要はコケなので暑さ寒さに強く、
室内の明るい場所であれば一年中鑑賞できます。

★育て方のポイント
※置き場所
特に夏の直射日光には弱いので 日当たりの良すぎる場所には
置かないようにして下さい。(葉焼けします)
※水管理
蒸れて腐ってしまうので加湿にならないように注意して下さい。
必ず底穴のあいた鉢で 水はけよくして 乾いたら与えるようにして下さい。

P1220959.jpg

家に帰ってから植え替えてみた。観葉植物として、部屋に飾ってみます。
緑のある生活っていいですね、心が癒されます(^^)
フワフワなんで、ついつい 「ヨシヨシ・・・」ってしたくなります(笑)

とりあえず、コイツの名前は 「アフロ♪」 にします(^^;

枯れなければ一ヶ月ごとにでも、成長の度合いを写して見よう。
ZAQぅチャームは、大きさが判るかと思い比較用に吊るしてみました。


PAGE TOP

マリモ入手!! 


マリモが売ってたので、衝動買いしてしまいました。
実は、前にも一度買ったのですが、飼育に失敗しています。

その時の状況は、植物なので光が良く当った方が良いだろうと思い、
窓際に置いてたのですが、3日後に気付くと茶色くなっており、
そのまま復活せず、茶色いマリモのままになっていました・・・

その後調べたのですが、茶色くなるのは光の当て過ぎらしい・・・(^^;

P1220458.jpg

マリモは綺麗な水と低水温が必要で、光は植物なので全く無いと
光合成ができずに育ちませんが、ほとんど無くても平気らしいです。

そう言えば、北海道の阿寒湖の湖底に生息するんですよね~
確かに光もそれほど入らないですよね・・・(^^;

飼い方のコツは、20度以下の水温を保ち 1~2週間に一度水換えして、
カーテン越しの光を 1日 2~3時間当てるだけでいいそうです。
意外なことに水道水そのままでも良く、カルキ抜きはしなくてもいいらしいです。

マリモは藻の集合体なので、流れが無いと結合力が低下して崩壊する場合がある。
ある程度の流れはあった方が良く、調子が良ければ何年でも生きるらしい。
エビや小魚などの同居も食べられるのでダメだそうです。

>>マリモの育て方

※ちなみに阿寒湖に生息するマリモは、天然記念物なので採ってはいけませんが、
 現在店で売られてるマリモは、人工養殖したマリモなので売買可能なのです。


PAGE TOP

クラゲが消滅・・・? 


ちょっと放置状態だったクラゲですが、入れ物の中に姿形が見えません。
ひょっとして逃げたのか・・・クラゲが?
そんな訳ないやろ~、でも一体どこにいったのでしょうか(^^?

気付いたら・・・ イリュージョン!?

・・・してました(^^)

P1210739.jpg

体のほとんどが水分でできている為、おそらく水に返ったのかと・・・
つまり、死んじゃった・・・と、言うことかな(^^;
やっぱり、初日に保温できなかったのが原因でしょうね。

ナム~(-人-)

PAGE TOP

パーシーカラー、今年も満開(^^)v 


ウチに植えてるパーシーカラーが今年も咲きました・・・が、
株が段々と小さくなってきており、好きな花なのでまた買い足しました。

おそらくずっと放ったらかしで、植え替えしてないので、
増えた球根が密になり、肥料不足を起こしてるのかと思われます。

昔は¥500円ぐらいしてたのに、今では¥198円で売ってます(^^)
人気が出て、繁殖させる人が増えたんでしょうか?
結構、流通するようになったようです、まぁ、比較的簡単ですけどね。

CA3G0841.jpg

【 オキザリス・パーシーカラー 】
カタバミ科オキザリス属
別名:絞りカタバミ、オキザリス・ペルシコロール(実命) ハナカタバミ
原産地:南アフリカ、中南米の熱帯又は温帯地方
花期:10月~4月
性状:秋植え球根、水はけが良く、日当たりを好む。
草丈:10~15cm
球根の植え付け: 7~9月


寒さには強いけれど、霜には弱く凍らせるのは厳禁だそうです。
二重鉢や、夜間ビニールを被せる等で対策する。
オキザリスらしく、葉は3枚着いてるが棒状で細長い。
>カタバミの仲間は、球根の多年草をオキザリスと言います。

花は普通のオキザリスと同じ形状ですが、裏側の縁が赤く彩られており、
蕾の状態だと赤く、満開時は白いです。
日が陰った時は半開きになり、紅白のパラソルか、七・五・三の飴みたいです。

温度と照度で開くようで、蕾が着いたら室内の窓際などに置く方が、
冷害からも守ることができ、観賞価値も高まります。

太陽に向かって花を開くので、できるだけ日当たりの良い所に置き、
午前中、日が出てから水を与えます。室外でも問題なく開花します。

原産地が南アフリカ、中南米の熱帯または温帯地方と本には書いてあるが、
日本では秋植えの球根植物で、冬から春咲きである。
オキザリス・ベルシコロールが本来の名前だが、シボリカタバミとも呼ばれ、
パーシーカラーの流通名がよく知られている。

CA3G0842.jpg

太陽の光が当たってる間は花を開いて、曇りだと閉じたままになってる。
植物なのにいかにも生き物って感じで、自己主張してるようなので、
私はオキザリスが好きです。また雑草ってのもしまった家では選択のポイント。

10~4月の花期以外は葉も付けず、球根の状態で夏眠してるようです。
南アフリカ原産なのに不思議な植物ですね~(^^)

追肥は花が終わってから遅効性の肥料を与えると良いらしいです。
球根は 7mmぐらいで、1年に 1回ぐらいは植え替えする方が良いそうです。

もう植えて 3年ぐらいになりますが、まだ生き残っており堅強な種です。
まぁ、オキザリス=雑草ですからね(笑)

>>育 て 方 の 目 安

PAGE TOP

クラゲが仮死状態・・・(^^? 


先日、UFOキャッチャーでゲットした 「サカサクラゲ」 ですが、
連日の寒さのせいか・・・

・・・動かなくなりました(^^;

先日、寒の入りしてから、急に寒くなってきたのが原因か(^^?
現在の水温は 5℃ぐらいでしょうか?鹿児島以南育ちにはキツい環境です。
死んでなければ良いのですが・・・

CA3G0830.jpg

こう言う原始的な動物は、体の造りが単純なので屈境にも強いハズ、
厳しい環境の変化には仮死状態で乗り切るものですが・・・どうだろ?

もし仮死状態で居るのなら、春先まで、この状態で置いておくのも
一つの作戦だな・・・でも、死んでる可能性も否定できんし、
一度暖めて様子を見てみるか(^^?


PAGE TOP

水槽の水替え。 


昨日の 「ラベンダーの散髪」 の、ついでに水槽の水替え行いました。
日当たりのいいところに置いてるので、水が緑色になってます。

CA390257.jpg

らんちゅう 4匹、元気に生息してるのを確認しました(^^;

P1110952.jpg

チビはナメクジを見つけて、塩を掛けていました。
「溶けた~!溶けた~!」って、言って喜んでました(^^;
実際は解けた訳ではないんだけどね。

>>インターネット生物図鑑

PAGE TOP

いよいよ、蝶の卵が・・・ 


またまたやってきました、蝶の季節です。
毎年の恒例行事のようですが、ヘンルーダに卵を産み付けられてました。

CA5285390135.jpg

このような卵が至るところに・・・今年も青虫だらけになりそうだ(^^;
あまり見ないですけど、冬を越した蝶がもう飛んでるんですね。

CA390133.jpg

・・・で、レタスの花も、やっと咲きました。
レタスの花は午前中しか開かないようです。昼過ぎには閉じてました。
レタスの花って初めて見たよ・・・(^^;

PAGE TOP

キャベツとレタス 


前に買った 「キャベツ」 と 「レタス」 ですが、
「レタス」 は葉が増えたものの、 「キャベツ」 は一向に成長に変化がありません。

08_10_26-002.jpg
08_11_03-003.jpg

「レタス」 はいい感じで葉が増えましたので、
良く洗ってから、昼ごはんのサンドイッチ(食パンで)に挟んで食べました。

08_11_15-001.jpg

食後はこんな感じになりました(^^;

PAGE TOP

落花生って・・・ 


夜は葉を閉じるんですね。夕方に見ると、葉を閉じてました。
まぁ、オキザリスやネムの樹なども、葉を閉じるので珍しいことじゃありませんが・・・(^^;

08_06_04-001.jpg

落花生は早朝に花が咲いて、自家受粉して昼には花が落ちるそうです。
その後は、花の落ちたとこが地中に潜っていき、地中で落花生が出来ると言うしくみらしいです。
種蒔きは5月で、収穫時期は10月頃らしいです。

08_06_05-002.jpg

子宝草です。まだ、根付いてませんが、コイツは強いですね。
チビに何度も抜かれて、ままごとのサラダにされてましたが、
全く弱る気配がありませんね・・・(^^;

08_06_08-004.jpg

アヤのリベンジプチトマト。いよいよ収穫できそうです。
基本的に放ったらかしですが、ここまで育ちました♪

PAGE TOP

蝶の羽化 ~第2弾~ 


またもや蝶が羽化しました、もう春ですね、蝶が飛ぶ季節です。

08_04_10-2004.jpg

家の前の側溝で蛹になってた蝶ですが、冬を越して羽化しました。
どんどん蝶が羽化するので、チビも喜んでます。羽化する瞬間はまだ見てませんが・・・

08_04_10-2003.jpg

前はキアゲハでしたが、これは普通のアゲハですね。
>>前のキアゲハ

PAGE TOP

羽化しました~♪ 


去年の10月から冬を越した蛹が、昨日はまだ蛹だったのに、
本日見てみると羽化してました。もう春ですね~(^^;

>>日記No.842:蛹になりました~♪

08_04_06-012.jpg

羽化したのはキアゲハのようです。蛹から出てくるところは見れませんでしたが、
無事羽化してチビも 「チョウチョさん飛んで行った~♪」 と、喜んでました。

PAGE TOP

かまきり発見!! 


さらにカマキリを発見しました!!
ウチのデュランタ・宝塚に停まっていました。

07_11_18-001.jpg

分かりますか?花に寄って来る虫を狙っています。
花はあるわ、蝶は居るわ、カマキリおるわで、ウチの周りで、
自然の生態系がリアルに楽しめます。

07_11_18-004.jpg

攻撃性の少ない、ハラビロカマキリです。
コイツにはよくハリガネムシが入ってるんですよね~(^^;

PAGE TOP

蝶の蛹が・・・(^^; 


こんなところに・・・(^^;

07_11_04-001.jpg

良く見ると・・・

07_11_04-002.jpg

いろんなところで蛹になっています。
このまま越冬して、来年の春に羽化するんでしょうね。
楽しみですね~♪

PAGE TOP

蛹になりました~♪ 


あの洗濯ネットに入れてた幼虫ですが・・・
骨組みの針金が気に入ったのか、そこで蛹になりました~♪
>>日記:9/24

CA390114.jpg

朝はこの状態でしたが・・・

PAP_0047.jpg

次の日にはこんな感じに・・・(^^;
チビも蝶になる日を、指折り数えて待ってます。
>正に 「果報は寝て待て!」 って、事ですね。

PAGE TOP

幼虫捕獲!! 


前に飼育ケースに移した幼虫 ですが、まだ蛹にはならず動き回っています。
中に入れてる ヘンルーダ が萎れてきたので、幼虫を元の植木に戻すことにしました。
う~ん、これではまた蛹が見れない・・・

どうすればいいのかな~(^^?
たくさん幼虫がいるので、チビ達に観察することを知ってもらいたいしな~
そうだ!植木ごと囲ってやればいいのではないか?

・・・と、言う結論に達したので、これを使ってみることに・・・

CA390014.jpg

ご存知(?)洗濯ネットです。
しかもブラジャー専用で、2枚一度に洗えます!>だから何(^^?
型崩れ防止の骨組みが入っているので、植木ごと挟んで捕獲できる♪
さらに、使い捨て感覚で使えるダイソー製♪

使うつもりで買ってあったらしいです。探せば何でもあるモンですね♪
「使い終わったら返そうか?」 と、嫁に言ったら、
「要らん!」 と、即答されました。そらそうか・・・(^^;

CA390020.jpg

使用風景はこんな感じ、網目が細かいので若干見にくいですが、
これで、幼虫の変化が観察できますよね~(^^)/

PAGE TOP

バッタ捕獲! 


チビがバッタを捕まえていました。
よく見ると、「クサキリ」 と 「オンブバッタ」 です。

CA390002.jpg

チビが言うには、
クサキリは口が赤いので、「お母さん」 らしいです。

実はこの 「クサキリ」 雄(オス)なんですが・・・まぁ、いいか(^^;
雌(メス)は産卵管があるので、一目瞭然ですからね。

PAGE TOP

幼虫を飼ってみる・・・(^^; 


ウチに植わってるヘンルーダですが、いつも幼虫で賑わっています。
本日、何やらちょっと違う顔ぶれがいたのでよく見ると・・・

07_10_14-001.jpg

「おお!これは!キアゲハの幼虫では?」
・・・って、言うか、キアゲハの幼虫は、ニンジンの葉っぱを食べるハズだが?
う~ん、なぜこんなところに???

CA390103.jpg

本当にキアゲハなのか興味もあり。
チビ達の観察日記にもなるので、飼ってみることにしました。

PAGE TOP

蛹がここにも・・・ 


気付けばこんな所(パラソルの柄)で、蛹になってました。

CA390013.jpg

幼虫のいる枝から結構離れてるんですが、
こんなに遠くで蛹になるんですね、何か理由があるんでしょうか?
しかも、保護色になってないし・・・(^^;

PAGE TOP

知らぬ間に・・・・ 


蛹が羽化してました。
正に 「蛻(もぬけ)の殻」 でした(^^;

TS331397.jpg

PAGE TOP

謎の幼虫日記~予備軍が・・・(^^; 


これが、2齢幼虫です。
ヘンルーダに何匹かくっ付いています。

PAP_0042.jpg

外敵から身を守る為に、一見すると鳥のフンに見えます。

PAGE TOP

謎の幼虫日記~2 


朝起きたら~男の態度が変わってた~♪ (by小林万里子「朝起きたら」より)
・・・もとい、朝起きたら、幼虫の変態が終わってた~♪
幼虫が完全な蛹になってました(^^;

青かった体が茶色になり目立ちにくい保護色になってますね。
しかし、自転車に付いてると、余計に目立ちそうですが・・・

PAP_0034.jpg

お尻と背中に回した糸で固定されてますが、
手は届かないだろうし、どうやって背中に糸を回したんだろうか?

PAGE TOP

謎の幼虫日記~こんなとこで・・・(^^; 


家の庭木に 「ヘンルーダ(猫不寄)」 が植えてあり、
この樹がミカン科の樹なので、
アゲハ系の蝶がよく卵を産んでいきます。
>ヘンルーダ

ヘンルーダはハーブの一種で、猫が嫌う柑橘系なので、
最近は、別名 「猫寄らず」 として一般的に売られており、
ホームセンターで買ってきた株が、蝶の憩いの場になっています。

・・・で、幼虫は1齢幼虫から、ずっと確認できてたのですが、
蛹はどこかへ行ってしまうらしく、今まで見たことありませんでした。
今日初めて発見したのですが、こんなとこで蛹になろうとしています(^^;

PAP_0001.jpg

なんと、チビの自転車の、ブレーキワイヤーのとこで、
今正に、蛹になろうとしていました。

う~ん、もう動かせないしどうしようかなぁ・・・
ブログネタに観察日記でも着けようかな(^^;

PAGE TOP

苺が・・・ 


とうとう枯れました(T_T)
暫くみない間に、変わり果てた姿に・・・

TS331336.jpg

チビは苺は放ったらかしで、自転車乗って遊んでます。
う~ん・・・(^^;

PAGE TOP

今度はアヤの番です♪ 


今日はアヤの苺の収穫です。
冷蔵庫で冷やして、食後のデザートに食べました。

TS331279.jpg

ハルのに比べると小振りですが、中まで真っ赤でした。
思わずハルも口を開けてます(^^;

PAGE TOP

記念すべき1個目は・・・ 


本日、ハルが収穫しました♪
「夏子の苺」 記念すべき第一個目で~す(^^)/

最初、ハルが全部食べると言ってたので、アヤはスネて机の下に潜ってましたが、
ハルを説得して、アヤに 1cm角ぐらいを分けてあげてました。
それで、アヤの機嫌が少し直ったみたいです(^^;

05310003.jpg

ちょっと食べてみましたが、少し酸っぱいです。
まだ少し収穫が早かったのかな?でも色的に今しかないでしょ!
・・・だとしたら甘い苺ではないんですね。

肥料とかで変わるのかな?

PAGE TOP

そろそろ食べごろ? 


いよいよ食べごろになって来ました♪
今晩辺り食べれるかな?

TS331275.jpg

アヤの苺も、もうすぐ食べれそうです。
幻の一個目が残念でしたね、仕方ないけど(^^;

TS331276.jpg

ハルの苺なんで、まずはハルから食べさせてあげよう。

PAGE TOP

2個目の実が・・・ 


大きくなってきました♪

TS331273.jpg

今度はハルの苺の方です(^^;

PAGE TOP

苺の悲劇・・・(^^; 


今朝、微妙に赤くなって 「いつ食べれるんだろ~(^^)」 と、
楽しみにしていた矢先に・・・

本日帰ってみると、ちぎられてました!

TS331256.jpg

しかも一番注目してて、やっと赤くなってきた実です(T_T)

何でも、近所の子が気を利かせて、
「ナメクジに食べられるから、早めに摘んだ方がいいんやで~」
・・・と、言ってちぎったそうです・・・(^^;
>気を利かせてくれたのは嬉しいが、ちと早すぎるだろ・・・

チビも居合わせたらしいのですが、意味が分かっていなかったらしいです。
「もうこの苺は食べれないよ・・・」 と、言うと号泣してました。
こうして子供は、後悔と悲しみを覚えていくんですね。

こればっかりは、怒るに怒れないしなぁ・・・仕方ないよなぁ(^^;

PAGE TOP